Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

趣味が仕事のパフォーマンスに及ぼす大きなプラスの影響!

 

写真や料理など、クリエイティブな趣味仕事に役立つ理由とは?

仕事以外にクリエイティブな趣味を持っている人は、それが仕事のパフォーマンスを向上させる可能性があることがわかりました。

針仕事、料理、パソコン、デザイン、プログラマー、絵を書く、カメラ、ライターなどのクリエイティブな趣味が仕事のパフォーマンスに与える間接的な効果を調べました。

クリエイティブな趣味が、従業員が仕事の要求から回復するのに役立つ可能性があることがわかりました。

仕事以外の活動について熱く語りました。

通常、それを青々とした、自分に多くのものを与えてくれる深い経験だと表現します。

しかし、相手はまた、自己表現や自分自身について何かを発見する機会についても語っていますが、これは現在の回復体験モデルでは必ずしも捉えられていません。

2つのグループに分けて、仕事以外でのクリエイティブな活動と、仕事でのクリエイティブさについて質問しました。

仕事の成果を自己評価し、第2グループは、同僚や部下から評価されました。

その結果、どちらのグループも、クリエイティブな趣味を持っている人は、仕事以外ではリラックス感を感じ、より大きな支配力と達成感を感じていることがわかりました。

一方、職場では、創造的な趣味を持っている人は、他人を助ける傾向が強く、仕事の遂行においてもより創造的であることがわかりました。

統計的な分析によると、仕事のパフォーマンスが向上したのは、オフタイムに支配感やコントロール感が高まったことが一因であると考えられます。

創造的な回復
この調査は、組織が従業員にクリエイティブな趣味を持つことを強制することを意味するものではないです。

懸念されるのは、特にクリエイティブな活動において、組織にコントロールされているように感じさせたくないということです。

なぜなら、内発的な動機付けは、創造的な活動で得られるユニークな体験の一部だからです。

他にも、組織でよく見られる同様の活動として、食べ物の料理対決、分野を超えた教育の機会、休日の仮装コンテストなどがあります。

組織にとって、より費用対効果が高く、押しつけがましくないアプローチは、創造的な活動が職場からの回復に役立つかもしれないことを従業員に伝えることです。

タイトルとURLをコピーしました