Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

永続的な嫌な記憶に対処するための良い方法

 

感情的なフラッシュバックに悩まされている人に期待される新しい手法。

繰り返し起こるネガティブな記憶に対処するためのより良い方法は、感情ではなく文脈に焦点を当てることだそうです。

例えば、参列したお葬式のことを考えていた場合、その時の気持ちではなく、何を着ていたか、誰が来ていたかなどに焦点を当てることができます。

このアプローチが、抑圧や再評価といった他の感情調整方法に代わる有望な方法になると考えています。

ある出来事があったときに、どれだけ悲しかったか、どれだけ恥ずかしかったか、どれだけ傷ついたかを引きずることがあり、それによってますます気分が悪くなってしまいます。

これは、臨床的なうつ病で起こることで、記憶のネガティブな側面を反芻することです。

しかし、ネガティブな記憶の中で自分の感情を考えるのではなく、最悪の感情から目をそらして、その場にいた友人や天気など、感情的ではない記憶の一部である文脈を考えることで、むしろ楽にその記憶に関連する不要な感情から心を離すことができることがわかりました。

他の詳細に没頭すれば、心は全く別のことに動き、ネガティブな感情にはあまり集中しなくなります。

ポジティブな記憶とネガティブな記憶の両方を共有してもらい、この結論に達しました。

これらの記憶を、あるときは感じた感情に、またあるときは出来事の背景に焦点を当てながら呼び起こしました。

タイトルとURLをコピーしました