Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

アルツハイマー病および加齢に伴う記憶障害に対するビタミンEの効果

 

アルツハイマー型認知症の方にとって、日々の生活は大きな課題の一つです。

軽度・中等度のアルツハイマー型認知症と加齢に伴う記憶障害の両方に対して、ビタミンEの保護効果を示す証拠が得られました。

軽度・中等度のアルツハイマー病患者が、ビタミンEを試す調査がありました。

また、一部の人には無作為にビタミンEを投与し、その結果を比較群と比較しました。

アルツハイマー病患者が日常生活を送る上で問題となることが多くなる、機能低下に対する効果について。
ビタミンEが機能低下の進行を1年あたり19%遅らせることが示されました。

ビタミンEは標準的な臨床診療として推奨できると考えています。

これは、軽度から中等度の認知症に有効な薬剤が他にほとんどないことを考えると、心強い結果です。

また、加齢に伴う記憶障害に対するビタミンEの使用が支持されました。

血中のビタミンE濃度が高いほど、記憶障害から保護されることがわかりました。

興味深いのは、さまざまな種類のビタミンEを調べたことです。天然に存在するビタミンEは8種類あり、いずれも抗酸化作用があります。

これらの天然型のビタミンEの濃度が、記憶障害の予防効果と関連していたのです。

ビタミンEが広く普及しており、比較的安価であるという事実は、より現実的なものにしています。

タイトルとURLをコピーしました