なぜポジティブシンキングは害になるのか?

ビジネス

ポジティブに考える人とネガティブに考える人の脳波から、ポジティブシンキングについての重要な洞察が得られました。

「ポジティブに考えなさい」と言われることが非常につらく、むしろ害になっている人もいるようです。

ポジティブ思考とネガティブ思考の神経マーカーを調べました。

女性に、苦痛を伴う画像を見て、それにポジティブな解釈を加えてもらいました。

女性は、高いレベルのうつ病や不安に苦しむ可能性が高いため、排他的に使用されました。

マスクをした男に捕らえられ、喉にナイフを突きつけられている女性が写っていました。

予想通り、一般的にポジティブな人たちは、この作業を簡単に行うことができました。

しかし、心配性の人たちの中に重要なことを発見しました。

心配性の人は、ネガティブな感情を抑えるように指示されると、脳内で逆説的な逆噴射効果を示したのです。

このことから、彼らは困難な状況をポジティブに捉えることが非常に難しく、ポジティブに考えるように言われても、実際にはネガティブな感情を悪化させていることがわかります。

対照的に、普段からポジティブに考えている人は、脳が作り出す心配の電子署名を減らすことができ、ポジティブシンキングが効いていることがわかりました。

これは、悲観的な性格の人がよく口にする「『ポジティブになれ』と言っても意味がないし、むしろ有害かもしれない」という言葉と一致します。

前向きに考えなさい、心配しないでと言っても、その人のためにはならないです。

だからこそ、別の方法で問題を考えてもらい、別の戦略を使ってもらう必要があるのです。

認知行動療法では、持続的な不安に挑戦したり、少なくとも折り合いをつけたりすることで、より効果的な戦略をとることができます。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました