緑茶は脳の記憶力や作業メモリを向上させる!

ビジネス

お茶は、脳の前頭葉と頭頂葉の結合を高める

緑茶エキスがワーキングメモリを向上させることを発見しました。

ワーキングメモリは、視覚的、言語的、またはその他の情報を操作している間、頭の中に保持するのに不可欠です。

ワーキングメモリの向上は、学習能力や注意力などの重要な結果につながると言われています。

シナプスの機能
被験者に緑茶抽出物を含む飲料を与え、その後、ワーキングメモリに関する一連のテストを行ってもらいました。

緑茶エキスが入っていても入っていなくても、見た目も味も変わりません。

一方、被験者の脳をスキャンし、緑茶がシナプスの働きにどのような影響を与えるかを調べました。

その結果、緑茶を飲んだ被験者は、テストの成績が良かっただけでなく、脳の前頭葉と頭頂葉の結合が強化されていることがわかりました。

この結果は、特に高齢者にとって興味深いものです。というのも、一連の研究で緑茶がこの分野で有益であることが示唆されているからです。

緑茶の摂取は、軽度の認知障害を持つ被験者の記憶力と注意力を改善し、緑茶のようなフラボノイドを多く含む食品の摂取は、ベータアミロイドを介した認知障害を軽減することが分かりました。

さらに、緑茶の消費量が多いことは、高齢者の認知障害の有病率が低いこととも関連しています。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました