Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

学習後にカフェインを摂取すると長期記憶が向上する

 

カフェインは長期記憶の定着を促進する

カフェインは心にさまざまな影響を与えるものの、長期記憶にはほとんど影響しないと考えていました。

しかし、学習を始める前にカフェインを飲ませるのが一般的でした。

学習セッションの後、カフェインを与えました。

長期記憶のより深いレベルを高めることがわかったそうです。

学習セッションの前にカフェインを与えることの問題点について、説明しています。

強化があったとしても、それがカフェインの注意力、警戒心、集中力などへの影響によるものかどうかは明らかではありません。実験後にカフェインを投与することで、これらの効果をすべて除外し、もし増強があったとしても、それが記憶によるものであり、他の要因ではないことを確認します。

濃いめのコーヒー1杯
カフェインを習慣的に摂取していない参加者に、一連の画像を与え、それを見て学習させました。

その後、200mgのカフェイン錠剤(濃いコーヒー1杯分)を飲ませた人がいました。

翌日、再び一連の画像を見せられたが、その中には同じものもあれば違うものもあり、また似たものもありました。

学習後にカフェイン錠剤を服用した場合、「似ている」カテゴリーの画像をよく見ることができました。

もし、このような類似アイテムを使わずに、標準的な認識記憶課題を使っていたら、カフェインの効果は見られなかったです。しかし、これらのアイテムを使用すると、脳はより困難な識別を行う必要があります。これをパターン分離と呼びますが、このプロセスがカフェインによって強化されているようです。

つまり、単に画像を認識するかしないかだけではなく、カフェインによってより深いレベルの記憶エンコーディングが行われていることが示されたのです。

また、300mgのカフェインも試してみたが、長期記憶をさらに高める効果はなかったです。

タイトルとURLをコピーしました