お茶が脳に与える6つの効果とは?

ビジネス

カフェインだけではありません。お茶に含まれる他の2つの成分が、脳に重要な効果をもたらす可能性があります。

カフェインが脳に与える影響についてはよく知られていますが、お茶にはさらに2つの重要な作用を持つ成分があることがわかりました。

1. 緑茶がアルツハイマー病に効くかもしれない
緑茶に含まれる天然成分が、最終的にアルツハイマー病を治療する方法を提供する可能性があることを発見した。

緑茶の成分であるエピガロカテキン-3-ガレートが、脳内に蓄積されたプラークを破壊し、細胞を死滅させることがわかっている。

最終的には、この難病の治療法につながる可能性があります。

2. 老いた脳はお茶が好き
アルツハイマー病の研究が進むのを待たなければならないが、お茶にはもっと即効性があることがわかっています。

微量栄養素であるポリフェノールを含むお茶を飲んだ人は、認知機能が向上していることが分かりました。

ポリフェノールは、赤ワイン、ココア、コーヒーなどにも含まれています。

3. 認知機能の向上
お茶を飲むと頭が冴えてくるのは言わずもがなですが、それはカフェインだけではありません。

お茶には、テアニンというお茶特有の精神活性アミノ酸が含まれています。

テアニンの効果については、カフェインよりもはるかによくわかっていませんが、テアニンが認知能力の向上につながります。

4. あの有名な鎮静効果
テアニンは認知能力を向上させるだけでなく、お茶の有名な鎮静効果をもたらします。

テアニンを投与すると、脳内に眠気のないリラックスした状態を示すα波が多く見られます。

5. お茶は記憶力を高める
テアニンは記憶力の向上にも関与しています。

緑茶抽出物とL-テアニンは、軽度の認知機能障害を持つ人々の記憶力を向上させることがわかっています。

新しい脳細胞の生成を増やすことで記憶力を向上させることが示唆されています。

6. 精神衛生の向上
お茶を飲むことで得られる効果は、精神的な健康を向上させる要因となる可能性があります。

緑茶を飲むことが心理的苦痛の軽減と関連することがわかりました。

高齢者で効果が認められています。

テアニンは統合失調症の治療でもテストされ、不安などの症状を軽減することに成功しています。

もちろん、お茶は比較的良性の物質であり、ここで紹介した効果のほとんどは小さなものです。

しかし、これらの潜在的な効果を他の楽しみに加えれば、お茶はほんの少しだけ楽しくなります。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました