読書後の簡単な休憩で高まる記憶力とは?

更新日:
ガガログ編集部

読んだ本の内容がなかなか思い出せないという人は、記憶が定着するまで時間を置いてみましょう。

脳は学んだ情報を一時的に保存し、休息をとることで記憶を強化します。
このプロセスを利用することで、効果的に知識を定着させることができます。

自分は電車の中で読んだ本をよく覚えています。これには、電車旅行の特殊な環境が影響していると考えられます。
車両の揺れ、停車のリズム、絶え間なく変化するピクチャーウィンドウの組み合わせが、日常的な環境では得られない集中力を誘発するのかもしれません。

学習後の短い休息が記憶力向上に効果的

研究によると、学習後の短い休息時間が記憶力の向上に役立つことが明らかになっています。例えば、数字の羅列を覚えた後に少し休むと、すぐに別の課題を与えられた人よりも、記憶を思い出すのに良い結果が得られました。この理由は、休息をとることで記憶が定着し、取り出しやすくなるからです。一方、すぐに別の課題に取り組むと、記憶が定着しにくくなります。

電車の中で読書をする際、窓の外を見たり、次の駅で誰が乗るのかを確認するために立ち止まる傾向があります。この行為が、一時的な休息時間となり、読書内容の記憶定着を助けているのです。

10分間の休息が最適な記憶力向上効果

10分間の休息が、物語の記憶に最も効果的であることが判明しています。

実験によると、物語を読んだ後に10分間の休憩をとった被験者は、7日後であっても物語の記憶が強化されていました。実際、7日後の記憶力は、休憩を取らずに15〜30分後に物語を思い出そうとした被験者と同等でした。この結果から、10分間の休息が最適な記憶定着効果をもたらすことが示唆されています。

電車の中で読書をする際は、自然と休憩が挟まれるため、読書内容をより鮮明に記憶できる可能性があります。このように、適度な休息を取ることで、効率的な学習と記憶定着が可能になります。

読書習慣に役立つ記憶力向上のヒント

読書の際の記憶力向上には、以下のようなポイントが役立ちます。

集中して読書できる環境を確保する
読書中は適度に休憩を取る
理解を深めるため、重要な箇所で一時停止し内容を噛み砕く
読後に要約やノートを取り、内容を頭に入れ直す
読書内容を他者と議論し、記憶をさらに強固にする

このように、適切な学習方法と休息を組み合わせることで、読書の効率が格段に上がります。
記憶力の向上は、読書の醍醐味を最大限に引き出すための重要なステップです。積極的に工夫を重ね、より豊かな読書体験を手に入れましょう。