Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

自分の考えを変えるために人を励ます方法

 

自己説得:人に自分の意見を言わせる。
人の心を変えるのは難しい。

特に、そのメッセージが自分に直接関係がなく、それほど注意を払っていない場合には、他人に自分の態度を調整されることに抵抗を感じるものです。

でも、人の心を変えることができたらどうでしょう?人は自分の声に耳を傾け、自分に関係のある議論を自動的に生み出すものです。

それほどおかしな話ではありません。実際に人々は、常に自分を説得するように促されています。

親が子供の行動を変えようとするとき、ただ間違っていると言うのではなく、なぜそれが間違っているのかを尋ねるかもしれません。
ロールプレイの練習に参加するように促されると、自分が信じていない態度や価値観を支持するかもしれません。

行動を変えようとするとき、例えば、より健康的な食事に変えようとするとき、禁止されている食べ物が自分ほど好きではないと自分に言い聞かせようとするかもしれません。
このように、自分に言い聞かせている状況は、自分で始めたことであれ、誰かにさりげなく勧められたことであれ、ありとあらゆる種類のものがあります。

自己暗示
しかし、それは効果があるのでしょうか?
自己説得は本当に効果があるのでしょうか?

平均して、自分が話をしたときの方が、単に受け身で聞いていたときよりも説得力があることがわかったのです。
これは、たとえ自分の考えとは違うことであっても、自分が主張した方が説得力が増すということを意味しています。

喫煙に対する考え方も同じです。
人は、自分が禁煙メッセージを伝えたときの方が、受動的にメッセージを受け取ったときよりも喫煙を控えるようになります。

自信についても同様の効果があります。自分に自信があるように見せるように言われた人は、実際に自分自身に自信が持てるようになります。

その理由は、人間は自分を説得するのが非常に得意であり、どのような議論が自分を動かすかを知っているからだと考えられます。

自分を説得してもらいたいときは、自分の態度を一旦脇に置いて、自分が言いたいことの論拠を作ってもらってみるといいです。

どんなカバーストーリーであっても、その人が自分の主張を生み出すように促されていれば、その人の考えが変わる可能性があります。

タイトルとURLをコピーしました