Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

なぜチームワークは過大評価されるのか?

 

チームワークは常に組織のパフォーマンスを高めるものなのでしょうか?
あまりにも当たり前の質問のように思えるかもしれません。ほとんどすべて「優秀なチームプレーヤー」が求められています。

あらゆる種類のチームが組織のいたるところに現れ、それが組織のパフォーマンスを高めるという前提に立っています。

しかし、実際には、チームの持つ強力なパワーを示す証拠はほとんどありません。

チームワークがパフォーマンスを大きく向上させるとは言えず、わずかな効果しか示していないからグループの典型的な特徴を紹介します。

パフォーマンスの高いグループは普通ではなく、トップからボトムまで能力に大きな差があることが多い。
グループ内の人々は、目標をめぐって無駄な争いをすることが多い。
グループは頻繁に下方のパフォーマンスの螺線形に苦しむ。
チームワークの利点は、世間一般で言われているほど明確ではありません。さらに悪いことに、チームを恣意的に導入することで、組織のパフォーマンスが低下することもあります。その典型的な例が、グループでのブレーンストーミングですが、これはうまくいきません。

チームには「I」がない
もちろん、チームで仕事をした方がうまくいく場合もあります。仕事の中には、チームスポーツのように、目標達成のために人と人との密接な連携が必要なものもあります。

しかし、多くの仕事にはこのような特徴はありません。学者やコールセンターの職員はチームやグループに属する必要はありませんし、営業や人事、その他多くの標準的な企業部門もそうです。

実際、多くの人が複数のチームに所属していますが、その多くは自分にとってほとんど意味のないものかもしれません。そして、意味がなければ、努力もしません。

では、チームワークは単なるマネジメントの流行なのか、それとももっと深い心理的機能があるのか。

チームは心理的に有益であると指摘しています。たとえパフォーマンスがあまり上がらなくても、人はチームにいることで自信と満足感を得ることができるそうです。

しかし、すべての人がチームにうまく対応できるわけではなく、そのメリットは過度に膨れ上がっているとも警告しています。

タイトルとURLをコピーしました