Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

クリエイティブな仕事をするのに最も適した時間帯とは?

 

創造性にサーカディアンリズムがあることがわかりました。
1日のうちで最も創造性を発揮できる時間帯が早いですか、それとも遅いですか?
創造性の種類や自然なリズムに応じて、創造性を発揮するのに最適な時間帯があるかどうかを検証しています。

2種類の創造性を調査した結果があります。
1つは洞察力を測るもので、未知の世界に飛び込む必要があるような問題です。

2つ目は、分析的な問題を解決する能力を測定しました。
これは、税金を払うように、答えに向かって着実に努力しなければならないタイプの問題です。

これらのタイプの思考は、創造性において、プロセスの異なるポイントではあるが、どちらも重要です。

朝に強いタイプの人は、明らかにベストな状態ではない夕方に、よりミステリアスな洞察力の問題を解決するのに優れているということでした。

まったく同じパターンが、逆に夕方に最も冴えを感じる人にも見られました。
つまり、朝に集中力を欠いていた時の方が、洞察力のある問題を解くことができたのです。

何が起こっているのでしょうか?
具体的なことはわかりませんが、おそらく、少し眠くてぼんやりしていることで、心の焦点が広がるのだと思います。

選択肢が多ければ、一見つながりのないアイデアを結びつけることができる可能性が高くなります。
一方、集中しているときは、意識が狭くなり、より分析的な考え方をせざるを得なくなります。

また、朝でも夜でもない人もいます。しかし、自分がグズグズする時間帯を見極めて、その時間帯に考え事をするようにするといいです。

気をつけてほしいのは、眠いときにはいいアイデアだと思っていたことが、冷静になってみるとまったくの狂気であることがわかることです。
分析的創造性とは、ゴミを取り除くためのものなのです。

タイトルとURLをコピーしました