Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

平均以上の効果!人が優越感を感じる理由とは?

ビジネス
 

平均以上の効果は、なぜある人は自分がすべてにおいて優れていると考え、他の人は平均以下であると考えるのかを説明します。

平均以上効果は、錯覚的優越感とも呼ばれ、人は自分の能力を過大評価する傾向があるという社会心理学の知見です。

車の運転能力、IQの推定、健康、記憶、人間関係、さらには幸福度など、人は常に自分を他人よりも優れていると評価します。

例えば、93%の人が自分の運転能力は平均よりも優れていると考えています。

当然のことながら、全員が平均以上になることはできません。残念ながら、定義上、平均以下にならざるを得ない人もいます。

平均以上の効果と平均以下の効果

しかし、人は常に自分が平均以上であると思い込んでいるわけではありません。

数学の問題やプログラミングのように特に難しい課題の場合、人は自分が平均よりも悪い結果になると仮定します。

突然、人は自分の能力を過大評価するのではなく、過小評価するようになります。

これは明らかに矛盾しています。人は自分が平均よりも優れていると思い込んでいるのに、課題が難しくなると急に自信を失ってしまうのはなぜでしょうか?

ランナー
この「平均以上の効果」の矛盾を解決するために、ランナーを対象に、近々開催される困難なレースでの期待値を調査しました。

そして、その予想と実際のタイムを比較しました。

その結果、一部のランナーは、自分が他の人よりも良い結果を出せると思っているという「平均以上効果」を示しました。

平均以上の効果は、主に自信過剰によるもので、実際よりも速く走れると予測していました。

しかし、自分の能力を過小評価していたランナーは、主に他の競技者に対する期待が原因でした。

つまり、他のランナーが実際よりも速く走れると思い込んでいたのです。

バイアスの2つの異なる原因、つまり、人がうまく調整できない2つの異なる理由を明らかにしました。

自信過剰 vs 自信不足

興味深いことに、最も悪い成績を収めたランナーは、最も自信過剰なランナーでもありました。

これもダニング・クルーガー効果のひとつで、成績の悪い人は自分の欠点に気づいていないという知見です。

もっと端的に言えば、「無能な人は自分が無能であることに気づかない」ということです。

自信過剰や平均以上の効果は、必ずしも悪いものではなく、状況に応じて変化するものです。

「人類の偉大な業績のいくつかは、おそらく何らかの自信過剰によってもたらされたものでしょう。

しかし、それと同時に、人類の最も大きな失敗もあった。

非常に一般的な言い方をすれば、自分と他人の両方の能力を正確に評価した上で、うまく調整された自信こそが、人々が目指すべきものなのです。

対照的に、自信がない場合は、より明らかな欠点があります。

自信のなさの問題点は、特定の仕事やキャリアなど、実際に何かに秀でた可能性を持っている人が、自分より優れた人がたくさんいると誤って信じてしまい、挑戦することすらできなくなってしまうことです。

タイトルとURLをコピーしました