Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

応答するよりも静かにしている方が良い場合の8つの理由!

ビジネス
 

話すことは息をするのと同じくらい普通で頻繁なことですが、最高の結果を得るためには黙っていたほうがいい場合もたくさんあります。
その通りです。解決策は、いつも素晴らしい議論をすることではなく、何も言わないことなのです。

受け入れがたいこともあれば、絶望的に不快なこともありますが、それが自分を優位に導くこともあるのです。
ここでは、返事をするよりも黙っている方が良い場合がある8つの理由をご紹介します。

1.侮辱されたからといって返事をする必要はない

侮辱されると傷つきますが、さらに悪いことに、どう返答していいかわからないこともあります。
何を言おうかと頭を悩ませるよりも、黙っていましょう。
黙っていれば、自分は道徳的に優位に立つことができます。

悪いと思わないこと

建設的な回答方法がない場合、人を甘やかす義務はありません。相手は自分を防御的にして、自分の価値を証明しようとしている自分を苛立たせているのです。無視して悪かったと思うかもしれませんが、相手はおそらく自分の言葉を真剣に受け止めなかっただろうと考えてみてください。

侮辱をやめる

相手を侮辱してはいけません。そうしないと、さらに侮辱されることになります。侮辱を止めるには、不快感を示す非言語的な合図を使います。ため息をついたり、肩をすくめたり、目を丸くしたり、頭を振ったりして、毒性を封じ込めます。相手が何も得られていないことに気づくと、自分の反応に弱くなります。

自己愛の言葉

相手に考えるきっかけを与える

自分の沈黙は武器として振りかざされます。対立した後、相手は自分が何も言わなかったことを覚えています。その結果、相手は自分が言ったことを後悔しているかどうかを考えざるを得なくなります。それは、相手が別のアプローチが必要であることに気づく助けとなり、相手に謝罪をもたらすかもしれません。

2.人はいつも聞いているとは限らない

誰でも、他の人がしゃべりすぎた会話をしたことがあるでしょう。自分が話したいことを何度も遮られたり、話を振られたりすると、気が滅入ってしまいます。このような状況では、普通の議論を軽視して、聞くことを重視しましょう。

会話を理解する

話を聞いてもらおうと躍起になるのではなく、他の人がなぜ話しているのかを把握しましょう。もし相手が漫然と話していたり、修辞的な質問をたくさんしていたら、相手は胸の内を明かしているかもしれないので、自分が付け加えるべきことはほとんどないでしょう。必要だと思ったら、相手に時間を与えてあげましょう。

手間を惜しまない

他の人が自分の話を聞いていなくても、自分が聞いたり反応したりする責任はありません。自分がしばらく黙っていると相手が気づくかもしれませんが、その時には「注意していなかった」と言えばいいのです。その一瞬の恥ずかしさが、自分をより真剣に受け止めてくれるかもしれません。誰もが、お金を払わずに長々と話すことを好まないので、自分をかき消すのはフェアではないと気づくかもしれません。

勉強になる

話すことができなければ、観察してみましょう。しばらくの間、相手に口を出させることで、その人について多くのことを学ぶことができます。励ましの言葉にはうなずき、相手が自分をさらけ出せるようにじっくりと観察してみましょう。その結果、今後の会話の中で相互理解を深めることができるかもしれません。

3. 考える時間を持つ

原則として、何も言わない方が、何か馬鹿げたことを言うよりも良いことがあります。1対1の会話では、黙っているわけにはいきませんが、グループでの会話では余裕があります。誰にでも時間の余裕がありますので、すぐに返事をしなければならないと思わないでください。

プレッシャーを無視する

私たちは、反応しないことが無能の証拠とみなされる社会に生きています。自分をアピールするために、人は後悔するようなことを口走ってしまうものです。誰かに「意見を言え」と言われたら、首を縦に振って否定しましょう。用意周到ではないように見えても、何かいいことを思いつくのであれば価値があります。

精神的な余裕を持つ

自動操縦されているときは、話すために話しているようなものです。そうすると、意味のないことを言ったり、大げさに言ったり、無意味な逸話を持ち出したりしてしまいます。自分のやっていることに自信を持ち、楽観的になるためには、たとえ議論に参加しないことになっても、話すのをやめる必要があるのです。

自分に公平であること

疑問や不安を消すために話すべきだというのは、必ずしも正しいことではありません。人は話していて気まずい間や会話の失敗などの最悪の瞬間を、グループ内の他の人ではなく、自分自身のせいにする傾向があります。しばらく静かにしていれば、その心配はなくなり、まずはポジティブシンキングで自分を奮い立たせることができます。

4.聞くことは尊重される

人は反応を求めていないことがあります。たとえそう見えても。感情を解放したいのかもしれません。話すことよりも聞くことを優先し、言葉よりもボディランゲージに頼ることが支持されることもあります。

待機中ついつい話し始めたくなることもありますが、質問するときだけ話して、あとは聞き役に徹することもあります。人は多くの場合、自分の解決策を聞きたいのではなく、自分の話に共感してもらいたいのです。相手を正当化することで、自分が次に話すことに前向きになるのです。人間の最も基本的な欲求の一つは理解されることであり、人を理解するための最良の方法は人の話を聞くことです。

聞いたことを処理する

何を言おうかと考えていると、言われたことを処理できなくなります。話す機会があると思っても、頭の中で聞いたことをひっくり返すのはやりがいがあります。相手が自分を表現しているときには、その内容が後で役に立つかもしれないので、注意してください。

共感的リスニング

聞き手として行動するためには、携帯電話などの気が散るものを取り除き、適切なアイコンタクトをとるべきだといいます。定期的にうなずき、聞こえた言葉をぼんやりと口にします。そうすることで、話し手には真剣に話を聞いてもらっているというシグナルが伝わりますし、自分の内面の感じ方も変わり、より良い聞き手になることができます。

5.人はいつも公平ではない

人が誠意を持って行動していないとき、自分は相手に何の義務もありません。何か反応があっても、それが操作されて自分に不利になると思うなら、何も言わないのが一番の得策です。相手のレベルに合わせないでください。

相手のトリックを阻止する

人は、自分を怒らせるためにいろいろなことを言うかもしれません。自分を苛立たせて、後で悪口を言えるようにするためです。相手は、自分たちの主張を証明する責任があるにもかかわらず、何かが真実でないことを証明するように言うかもしれません。また、見下したような態度で含蓄のある質問をしたり、自分が何も知らないことを知っていて質問したりするかもしれません。それらを無視すると、相手は何か賢明なことを言わなければならなくなります。

相手よりも優れている

他人が話し続けるのを放っておくと、自分で墓穴を掘ってしまうことがあります。もし自分が反応し始めたら、自分は自分がどれだけ怒っているか気づかないかもしれませんし、それがエスカレートする可能性もあります。自分が大人の対応をするまで、私はコメントしません」と一言言えば、あとは黙ってポジティブシンキングで自分を満たしましょう。威圧的な態度をとった側にも責任があります。相手は、事態が悪化したのは自分のせいだと本気で主張することはできません。

6.コントロールする

沈黙には力があります。毎日、一日中しゃべっている世の中で、静かにする時間を確保することは、強さを示すことになります。そのためには、気まずさを克服しなければなりません。

ハードボールをする

作家でビジネスエキスパートの交渉の際に沈黙がいかに有利に働くかを説明しています。相手がオファーをしてきたとき、自分が最初に何も言わなければ、相手に説得力を持たせるためのプレッシャーになります。相手は、自分が良い取引をしていることを納得させようと、より多くの金額を提示するかもしれません。いくつかの条件には同意しても、他の条件については黙っていると、相手をさらに苦しめることになります。

相手を見極める

沈黙は脅しの戦術です。人は会話がないと不安になり、その静けさを埋めようとするものです。イライラすると、思ったことをそのまま口に出して、自分にショックを与えて反応してもらおうとするかもしれません。沈黙はまた、自分がより多くのことを知っていると思うように人々をだますことができ、相手はより謙虚になります。

正しい態度を保つ

仲良くなるために、すべてに反応する必要はありません。あまりにも多くのことを話しすぎると、表面的な印象を与えてしまうので、指先の感覚を大切にしましょう。自分が真剣に受け止められたいなら、いくつかの発言や質問を無視しても大丈夫です。人々は自分の時間が無駄にならないことを学ぶでしょう。

7.十分な時間を知る

何事にも時と場所がありますが、会話も例外ではありません。自信を持って人生を生き抜くためには、社会的に重要な場面で自分を切り捨てるタイミングを知っておく必要があります。そうしないと、自分の成長の妨げになってしまいます。

物事を長引かせない

人は特定の会話において、最後の一言を求めがちです。しかし、そのようなことをしてはいけません。なぜならば、先に進むことができたはずなのに、何度も新しい考えを加えることは、物事を長引かせるからです。特に、誰かと一緒にいるときには、どれだけ長く蛇行することになるかわかりません。会話をどのように終わらせればよいかわからない場合は、誰かが何か重要でないことを言うまで待ちます。そして、沈黙し、再び話そうとするいかなる試みにも肩を落とすのです。

責任を取る

良好な関係を築くには、たとえ批判的な意見であっても、意見を聞くために話をやめるタイミングを見極める必要があります。調査によると、共感を持って話を聞くことは、影響力のあるリーダーシップを発揮するために、特に部下を引き留めるために最も重要なコミュニケーションの要素の一つです。また、人は聞く力を高めると、説得力も強まるそうです。

8.巻き込まれない

騒動に巻き込まれないように、静かにしていなければならない時があります。口を出したくても、結果を考えなければなりません。そんなときは、ポジティブシンキングでバランスをとりましょう。

威圧的な態度をとらない

議論を聞いていても、十分に聞き取るまでは自分から突っ込まないようにしましょう。また、他の人との対立に自分を巻き込もうとしている口論者への対応にも注意が必要です。正しいことのために立ち上がることは悪いことではありませんが、すべての事実を把握するまでは黙っていなければならないかもしれません。

相手のニーズを考える

時には、他の人が話すべきこともあります。何かとんでもないことを耳にして、暴言を吐くべきだと思うこともあるでしょう。しかし、他の人が心配しているときに、勝手に話し始めてはいけません。その人は、自分に自分の戦いをしてほしくないと思っているかもしれませんし、自分が言うべきことをわかっていないと思っているかもしれません。

感情の暴走

どうにかなりそうなことでも、すぐに最悪の事態を招いてしまうことがあります。感情的になりすぎると、馬鹿にされたり、後悔するようなことを言ったりしてしまいます。生々しい感情で判断力が鈍っていると、説得力を持たせることが難しくなることを覚えておいてください。冷静になるためにも、ポジティブに考えましょう。

沈黙

なぜ返事をするよりも静かにしている方がいいのか、その理由を考えてみましょう。
人生のすべてが話すことを中心に展開しているので、止めるタイミングがわからないと苦しくなることがあります。しかし、これは生涯にわたって努力しなければならないスキルです。静かにしていれば、不愉快な人物から身を守ることができ、自分に好意的な人を尊重することができます。人は言葉だけではありません。

タイトルとURLをコピーしました