Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

加齢とは関係ない忘れっぽいと感じる6つの理由!

ビジネス
 

忘却の原因は、睡眠不足や栄養不足など多岐にわたります。

なぜなら、その部屋に入ったばかりなのに、何のために入ったのか思い出せないからです。あるいは、コーヒーカップを家のどこかに置いてしまった。

また、スマホの着信音をオフにしましたか?それもなくなっているからです。

最近、物忘れがひどいと感じていませんか?

物忘れは、ある程度、私たちの社会では普通のことです。責任が重くなり、ストレスレベルが上がると、脳が必要とするものをおろそかにする傾向があります。

言い換えれば、過度のストレスや睡眠不足など、セルフケアの邪魔をするものは、ぼんやりとした脳の原因になりがちです。

医師の診断を受けるべき兆候としては、突然の記憶障害、感染症の症状(発熱、悪寒、吐き気、嘔吐)、頭部外傷などが挙げられます。

さらに、鍵をどこに置いたか忘れることはあっても、なぜ店に行ったのか、どうやって家に帰ったのかを忘れてしまったら、それは別の問題です。

誰かの名前を忘れてしまうのは普通のことですが、なぜその人の家に行ったのか、どうやってその人を知ったのかを忘れてしまうとしたら、それは心配なことです。

もし、自分の頭の中が混乱しているのであれば、それは良いことだと思います。ここでは、物忘れの原因となる6つのことをご紹介します。

1.ストレスがたまっている

脳が次から次へと飛び回る状態では、集中するのは難しいものです。

本当に何かを学び、記憶するためには、そのことに集中する必要があります。猿の脳はそのプロセスを妨害します。

さらに、コルチゾール(ストレスホルモン)が慢性的に上昇していると、脳が生存モードになり、新しい記憶を蓄えることができなくなります。

運動する、自然に触れる、本を読むなど、自分が楽しめるストレス解消法を1つ見つけて、それを毎日実行することです。

2.十分な睡眠をとっていない

成人に推奨している7時間以上の睡眠をとっていますか?

睡眠は、翌日のスッキリとした目覚めと活力をもたらすだけでなく、多くの効果があります。うたた寝は記憶の定着、つまり短期的な記憶を長期的な記憶に変換することに大きな役割を果たしているそうです。

1日の睡眠時間が5時間以下または9時間以上の中高年女性は、7時間の人に比べて認知スコアが低下していましたが、これは脳が2歳分古くなったことに相当します。

3.うつ病の場合

うつ病を患っている人は、記憶のパフォーマンスや情報を思い出す能力も悪くなると、これは、ストレス状態であるうつ病に伴うコルチゾールの増加が原因であると考えられています。

うつは、認知障害と重なることが多いのではないでしょうか。うつ病で苦労する以外に何も考えられなくなると、記憶力にも影響が出てきます。

うつ病の他の症状には次のようなものがあります。

ほとんどの時間、悲しい、不安を感じる
エネルギーが低下したり、疲れを感じたりする
絶望感や無力感を感じる
眠れない
体重や食欲の変化

4.感染症にかかっている

意外にも記憶障害として現れることがあります。

発熱、寒気、吐き気、嘔吐、尿意、頻尿などの症状がある場合は、すぐに医師の診断を受けましょう。

5.甲状腺の病気

甲状腺は、首の付け根にある腺で、代謝をはじめとする体のさまざまなプロセスをコントロールするホルモンを作っています。甲状腺の機能が低下すると(甲状腺機能低下症)、脳の機能にも影響を及ぼします。

6.栄養素が不足している

鉄分やビタミンB12の不足など、あらゆるタイプの貧血は、物忘れとして現れることがあります。

実際、十分な量のB12を摂取している人の方が、記憶力などの認知機能テストで良い結果を出しています。

さらに、鉄分が中程度に不足している若い女性は、十分な量の鉄分を摂取している人に比べて認知機能のテストで悪いスコアを出しましたが、鉄分を補給すると認知機能が5~7倍に向上しました。要するに、相手の脳はより速く、より効率的になったのです。

鉄分を補給する前に、医師にB12や鉄分の値をチェックしてもらうとよいです。

タイトルとURLをコピーしました