Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

脳を「仕事モード」から「リラックスモード」に切り替える5分間の習慣

ビジネス
 

一日の仕事を終えた後に適切にシャットダウンする方法を学ぶことで、長期的に成功を収めることができます。

一日の終わりにオフにするのは大変です。

一日の終わりを迎えようとしているのに、終わらないメール、終わらないToDoのせいで、自分の心はまだざわついています。

運動の後にウォーキングやストレッチでクールダウンするように、一日の終わりにはクールダウンして、仕事モードからリラックスモードに切り替えましょう。どうやって?それは、深呼吸をすることです。

数分かけて呼吸をすることで、脳に1日の終わりとこれから起こる変化を知らせる信号が送られます。

脳に合図を与えない限り、人によってはくつろぐことがほぼ不可能になります。

深呼吸が心を移行させる仕組み
まず、立ち止まって呼吸をするように自分に言い聞かせることで、精神的に店じまいの許可が得られます。このような合図は、脳が必要とするものです。また、肉体的なメリットもあります。

デスクワークをしている人は、胸で浅い呼吸をしているかもしれません。

しかし、深呼吸は体に「冷静になれ」と教えてくれます。「呼吸は、体のリラックス反応(ストレス反応の反対)を呼び起こし、再起動と再充電を可能にします。

そのためには、息を吸うときよりも吐くときのほうが長くなるようにしたり、ゆっくりと長い呼吸をしたりすることが大切です。

これらの行動は、心拍数を低下させ、血圧を下げ、体に「大丈夫」と伝えます。その結果、脳に「危険はない」というフィードバック・ループがもたらされるのです。

仕事モードから「リラックスモード」に切り替えるための方法をご紹介します。

1.一日に区切りをつける

1日の締めくくりに苦労する理由はいろいろありますが、「後でまた仕事があるかもしれない。あるいは、できなかったことを忘れてしまうのが怖いということもあるでしょう。

1日の締めくくりには、大きな力があります。一日の締めくくりには、非常に大きな力があります。

机の上に置いておく紙にメモしたり、携帯電話のメモアプリを使ったりしてください。思考が紙(またはスマホ)の上に出ていれば、脳はそれを記憶に留めておくために過剰に働く必要はありません。

おまけに、きちんと整理されたToDoは、明日の朝の慌ただしさを軽減してくれます。

セラピストがストレスを解消して地に足をつけるために行っている5分間の毎日の儀式

2.呼吸する場所を決める

クライアントの一人は、仕事帰りに家から1ブロック離れた場所に車を停めて呼吸をしていました。また、公園に立ち寄って自然の力を借りて心を落ち着かせる人もいます。

別の部屋で息抜きをしたり、裏庭をちょっと散歩したりするといいかもしれません。

子供がいる場合は?この時間を一人で過ごすか、子供たちを参加させるかは自分次第です。

本をお腹に置いて床に寝転がり、誰が呼吸で本を起こすことができるかを競う家族の儀式にする人もいます。一番良いのは、自分と自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことです。

3.息を吸う

必要に応じて、1分から5分程度の呼吸をしてみましょう。

5分が面倒に感じることもあります。これは、積極的に自分を助け、楽しみにするためのものです。

どのように呼吸をするかは自分次第ですが、選択肢はたくさんあります。ストレス解消のための呼吸法には、さまざまな種類があります。

この時間を利用して、自分自身を確認する機会にしてみてはいかがでしょうか。自分に問いかけてみてください。今、何をしているだろう?私には何が必要か?

それをきっかけに、その日の残りの時間は、自分の心と体のニーズにしっかりと向き合うことができます。

これらの呼吸法を学んだ人たちは、本当に気分が変わったそうです 。ぜひご活用ください。

タイトルとURLをコピーしました