Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

Canva Proを徹底解説レビュー!おすすめの世界で大人気WEBデザインツール!

 

今回、Canva Proを実際に使用してみたので、レビューで徹底解説します。料金や有料プランのメリット、無料プランの違いなどをご紹介しています。

Canva Proは、高品質なビジュアルを作成するためのプレミアムデザインツールです。
無料のCanvaアプリを拡張し、豊富なストックフォト、動画、オーディオ、プレミアムテンプレート、より多くのクラウドストレージ、高度な機能などの追加機能を備えています。

無料版は、個人やスタートアップ企業に最適です。

30日間の豊富な無料試用期間があります。

大量の画像を利用でき、十分な容量のストレージがあります。

作成したデザインをテンプレートとして保存し、チーム全員で使用可能。

直感的で使いやすく、チームメンバーと共同作業ができます。

教育機関や非営利団体は、Canvaの無料プレミアム機能を利用することが可能です。

Canva Proは、Photoshopと異なり、オフライン機能がないです。
より高度なツールと比較して、プロのデザイナーは機能面であまり自由が利かない場合があります。

中小企業は、ブランドの知名度を上げて売上や顧客エンゲージメントを向上させる際に、多くの障害に直面します。

その一つが、ソーシャルメディアへの投稿やポスター、ドキュメントなどのビジネス資料やマーケティング資料に使用する美しいグラフィックデザインを作成するための、使いやすいソフトウェアを見つけることです。

最近では、デザインや技術的な経験をほとんど必要としないコンテンツ制作ツールが複数登場しています。しかし、インターネット上の様々なツールの中から、自分のビジネスニーズに合ったものを見つけるのは時間のかかることです。

そこでコンテンツ作成デザインツールのひとつを深く掘り下げてCanva Proをご紹介します。

Canva Proとは?

1500万人の月間アクティブユーザー

Canvaは2013年に設立されたオーストラリアの企業で、本社はシドニーにあります。Canvaは、「世界中の人にデザインをしてもらう」ことを目的としており、自社を次のように説明しています。
「世界中の誰もが何でもデザインでき、どこでも公開できるようにすることを使命とするオンラインデザイン・出版ツール」と説明しています。

Canvaは、190カ国、100言語で利用されています。

CanvaとそのプレミアムプランであるCanva Proの目的は、企業や個人が魅力的な外観のデザインを簡単に作成できるようにすることです。

Canva Proについて

カスタマイズしやすい豊富なテンプレート、レイアウトの選択肢、ドラッグ&ドロップ式のエディタを提供することで、ソーシャルメディアのコンテンツ、マーケティングメール、電子書籍や雑誌の表紙、プレゼンテーション、ポスター、レジュメ、動画など、さまざまな媒体向けの素材を作成することができます。

全体的に、デザインのスキルがなくても、プロ並みのビジュアルをすばやく簡単に作成することができます。

さらに、デザインについてリアルタイムでチームとコラボレーションすることができ、登録も簡単です。メールアドレスを入力してアカウントを作成し、画面上の指示に従うだけです。

Canvaのホームページ

CanvaとCanva Proの比較

・ワンクリックで背景透過が可能
・SNSへ直接予約投稿が可能
・マジックリサイズ機能
・使える素材が7500万点以上

CanvaとCanva Proの主な違いは、有料版では、カスタムテンプレートやストックイメージの選択肢が格段に増え、クラウドストレージの容量も増え、機能も追加されます。

Canvaの無料版には、5GB相当のクラウドストレージ、25万点以上の無料テンプレート、数十万点の写真やグラフィック、ソーシャルメディアへの投稿、プレゼンテーション、レターなど100種類以上のデザインタイプが用意されています。また、チームメンバーを招待して、リアルタイムでデザインを共同制作することもできます。

Canva Proでは、60万点以上の無料およびプレミアムテンプレート(新しいデザインが毎日追加されています)、数100万点のプレミアムストックイメージとグラフィック、100GBのクラウドストレージを利用できます。

プロアカウントでは、フォントやロゴをアップロードできるブランドキットを作成し、ブランディングの一貫性を確保することができます。マジックリサイズ機能もプロの機能で、ワンクリックで様々なプラットフォーム用にデザインのサイズを変更することができます。

Canva Proを利用すると、デザインをテンプレートとして保存してチームで使用したり、8つのソーシャルメディアプラットフォームにコンテンツをスケジューリングしたり、Canvaの背景除去ツールを使用したりすることができます。

また、フォルダを無制限に作成できるので、大規模なプロジェクトや複数のキャンペーンドキュメントを作成している場合は、無料プランからアップグレードする価値があるかもしれません。

デザインで生産性を向上

名称Canva Pro
料金年額1万2千円
ジャンルWEBデザインツール
評価4.6

デザインダッシュボードとテンプレート

Canvaはとても簡単で直感的に使用でき、デザインダッシュボードも一目瞭然です。すぐに、作成できるさまざまな種類のビジュアルが画面上の横棒の中に表示されます。また、作成したいグラフィックの種類を選択すると、どのテンプレートが最も適しているかを提案してくれます。

ダッシュボードの左側には、すべてのデザインが表示され、フォルダやブランドキットにアクセスしたり、共有された作品を見ることができます。

ブランドキットの機能はCanva Proメンバーのみが利用できます。ここでは、ブランディングの一貫性を確保するために、ロゴやその他のビジネス・コラテラルを作成することができます。

Canvaのダッシュボードがどのように機能するかを説明するために、動画を作成する方法を紹介します。

Canvaのアカウントにログインすると、さまざまなデザインタイプの選択肢が表示されます。動画のオプションをクリックするだけで、画面が表示されます。

Canva Proのダッシュボード

マーケティング、教育、誕生日、不動産、説明、健康、販売など、さまざまな種類の動画カテゴリに分類されたテンプレートが表示されています。誰もが楽しめるものばかりなので、自分のニーズに合わせてアレンジできるテンプレートが必ず見つかります。

しかし、Canva Proのユーザーには、前述のように、より幅広い選択肢が与えられています。プロのテンプレートには、右下に金色の王冠がついているので、すぐにわかります。

使いたいテンプレートが決まったら、それを真っ白な画面にドラッグします。動画の任意の要素をカスタマイズしたい場合は、その要素をクリックして、画面上に表示されるユーティリティーツールバーを使用します。ダッシュボードの左側にもツールバーがあり、動画の見出し、小見出し、本文に異なるフォントやテキストスタイルを選択することができます。

また、「要素」タブをクリックすると、動画にデザイン要素を追加することができます。これは、線、図形、グラフィック、写真、動画、オーディオ、フレームなどの要素で、クリックすることでテンプレートをさらにカスタマイズできます。

例えば、オーディオを追加すると、動画の上にエレメントが表示され、再生ボタンを押すとサウンドが聞こえてきます。気に入らない場合は、要素のすぐ横にゴミ箱があるので、適切な音が見つかるまで探し続けることができます。

Canvaダッシュボードのエレメントタブ

「アップロード」タブをクリックするか、デスクトップから動画のキャンバスにドラッグ&ドロップすることで、自分の画像を追加することもできます。

動画の編集が終わったら、画面右上の「ダウンロード」ボタンをクリックします。すると、ソーシャルなどで共有することができます。

動画のサイズを変更して、Twitter、Instagram、Facebookに対応したものにしたい場合は、プロバージョンが必要です。それ以外の場合は、無料テンプレートで提供されているソーシャルメディア用のテンプレートを使ったほうがいいです。

また、作成したデザインをCanvaから直接印刷することもできます。Canvaサイトの他の部分と同様に、印刷機能の操作は簡単です。

Tシャツ、名刺、フォトブック、プリント、マグカップ、結婚式の招待状などに、あなたのデザインを使用することが可能です。

印刷物の種類を選んだら、それをクリックして、ステップバイステップの指示に従うだけです。サイズフォーマットや紙質などを選択していきます。

ここでは、マーケティングスタイルのポストカードのテンプレートを紹介します。

ストックフォトとグラフィック

Canva Proは、大量のストックフォトとグラフィックを提供しています。
無料とプロの画像を含むすべてのフォトライブラリは、Canvaのホームページの「機能」メニューから簡単にアクセスできます。

数百万点もの写真を見て回る時間がない場合は、Canvaは画像を花、ビーチ、自然、ビジネス、コンピュータ、ソーシャルメディア、旅行などのテーマに分類しています。

どの画像がプロプランのものかは、右下に通貨のアイコンが表示されているのでわかります。

画質の良さもいいです。

Canva Pro

Canvaのトラベルフォト

画像カテゴリーを選択した後、トピックによってさらに検索を絞り込むことができます。例えば、「旅行」では、「荷物」「出張」「空港」などのサブカテゴリーがあります。

使いたい画像をクリックして、Canvaのフォルダに追加したり、そのままデザインに使ったりすることができます。

Canvaアプリと統合

Canvaは多くのサードパーティのアプリやサービスとネイティブに統合しています。アプリディレクトリは、「機能」→「アプリ」メニューをクリックすると表示されます。

ここでは、どのアプリと連携できるかを確認することができます。例えば、Googleマップ、YouTube動画、QRコードなどの埋め込みをデザインに追加することができます。

また、画像をさらに向上させるためのアプリにアクセスしたり、Twitter、Instagram、Slack、パワーポイントなどのプラットフォームにデザインを投稿することもできます。

Canvaは学習しやすい


Canvaはシンプルで楽しく、デザイナーではない人でも直感的に使えるようになっていますが、万が一に備えて学習教材やユーザーサポートがあると心強いです。

ホームページにはドロップダウンメニューがあり、その中に「学習」の項目があります。ここには、ソーシャルメディア、グラフィックデザインの基本、ブランディングなどに関する短い動画コースが用意されています。

また、「はじめに」「デザイン」「Canva Proの使い方」などのチュートリアルも用意されています。動画コースと同様に、チュートリアルも分かりやすくて簡潔です。

Canvaの価格


Canva Proの価格は、登録するユーザーの数に応じて決まります。5人までのメンバーが利用出来て、年間1万2千円で、年間課金制となっています。

また、30日間の無料トライアルも用意されていますが、これにアクセスするにはクレジットカード情報を入力する必要があります。

また、教育機関や非営利団体は無料でCanva Proにアクセスすることができ、Canvaがそのニーズに合わせてカスタマイズしてくれます。

7500万点の素材が無料

Canva Proのレビュー


何を達成したいかにもよりますが、Canva Proは優れた投資だと思います。とはいえ、多くのユーザーや共同作業者がいて、ビジネスがまだ比較的小さい場合は、コストがかさむ可能性があるので、苦労して稼いだ現金を使う前にそのことを念頭に置く価値があります。

Canva Proは、何百万もの画像、グラフィック、オーディオ、動画、そして何千ものグラフィックデザインテンプレートにアクセスしたいのであれば、確かにその価値があります。また、デザインのサイズを自由に変更したり、大量のクラウドストレージを利用したりしたいのであれば、アップグレードする価値があります。

まずは30日間無料で使ってみて、本当にこれだけの画像やテンプレート、大量のストレージが必要かどうかを判断することをおすすめします。そうでなければ、無料プランのままでいいです。もちろん、ビジネスや個人のニーズが大きくなれば、いつでもアップグレードすることができます。

まずは、Canva Proを使い始めて、無料トライアルに登録をおすすめします。

Canvaは素晴らしい無料のデザインツールで、世界中で何百万人もの人が利用しています。

Canvaはオンラインプラットフォーム


Canvaは、いくつかの主要なカテゴリーにおいて、あらゆる種類のビジュアル素材のデザインプロセスを簡素化するオンラインプラットフォームです。

Facebook、Instagram、YouTube、Pinterestのアカウント用に、投稿用(サムネイルなど)やプロフィール用(背景画像など)のあらゆる種類のグラフィックを含みます。

アイデンティティ:ロゴメーカーという位置づけではありませんが、Canvaにはブランドのロゴを素早く作成するためのあらゆる手段が用意されており、出発点として使用できる何千もの既製画像が用意されています。

ビジネス:プレゼンテーション、請求書、提案書、証明書、履歴書など、ビジネスに関連するあらゆる目的のための便利なテンプレートが用意されています。

情報系:Canvaのテンプレートは、プロフェッショナルなポスターやインフォグラフィックの作成を簡単にしてくれます。

印刷物:デジタル画像だけでなく、招待状、チラシ、パンフレット、メニューなどの物理的なアイテムにもテンプレートが用意されています。

毎日使える。カレンダー、ポストカード、フォトコラージュなど、自分や親しい人のために美しいデザインを作りたいときにも、Canvaはオフィスの外でも活躍します。

そして、これらはすべて、Canvaの無料版で利用できます。

Canva ProとCanna 無料版の比較

Canvaでデザインを作成していると、テンプレートの中には画像が斜めの線で覆われているものがあることに気づくかもしれません。

これらを取り除くためには、画像を選択して、右下にある「ウォーターマークを取り除く」ボタンをクリックする必要があります。

プレミアム画像を利用するにはいくらかかるかが表示されます。これがCanva Proの大きな特徴です。

Canva Proでは、料金を支払うことで、6,000万点を超えるプレミアム画像のライブラリ全体に追加料金なしでアクセスすることができ、テンプレートの中にも、単独の画像としても利用することができます。
普段からCanvaを使っている人にとっては、ウォーターマークを消すたびに料金を払うよりも安く済みます。

画像以外にも、イラスト、アイコン、背景、音楽、動画など、すべてのプレミアムデザイン要素が利用できます。
これも非常に便利ですが、基本的には同じことの繰り返しです。Canva Proで生産性を高めることができるのは、そのブランディング機能です。

ブランドキットを使えば、会社のロゴ、カラー、フォントを一つのスペースにまとめ、新しいデザインを作成するたびに自動的に利用することができます。

Canvaブランドキット

これは、1つまたは複数のソーシャルチャンネルのためにブランディングされた投稿を定期的に作成している場合、非常に時間の節約になります。もちろん、このガイドの前の部分で挙げた他のタイプのデザインも同様です。

無制限のフォルダ(無料版では最大2つ)と100倍の容量(無料版では1GB)により、ブランドキットの柔軟性はさらに高まります。

最後に、Canva Proには「魔法の杖」と呼べる3つ目の機能群があります。

プレミアム編集ツールでは、画像の自動アニメーションやリサイズ、背景が透明なPNG画像の生成などが可能です。
自動リサイズ機能は最も具体的な実用性を備えていますが、お気に入りはアニメーターで、画像を人目を引く動画やGIFに瞬時に変換することができます。

Canva Proは、プレミアムデザインエレメント、生産性の向上、高度なツールに大別される3つの機能を提供します。

ほとんどの機能は非常に便利ですが、これがお得かどうかを結論づける前に、方程式の反対側も見ておく必要があります。

Canva Proの料金

Proへのアップグレードは、簡単です。

カード情報の入力が必要な30日間の無料トライアルがありますが、もちろん無料期間が終了するまでは課金されません。

Canva Proで生産性が大幅に向上できる


表面的な「はい」「いいえ」ではなく、より体系的なアプローチをとり、Canva Proを無料版と最も近い代替品の両方と比較しました。

Canva Proは無料版に比べて生産性が大幅に向上し、プレミアムデザインエレメントの膨大なコレクションをアンロックできることは言うまでもありません。30日間の無料トライアルと合わせて、Canva Proは他の類似ツールの中で最も魅力的なオプションとなっています。

しかし、Canva Proにアップグレードするかどうかの最終的な判断は、もちろん、特定のニーズに基づいています。
自分で試してみるのが一番簡単な方法です。InstagramやFacebook、ポスターなどのクリエイティブを担当するプロにも適しています。

Canva Proは、デザインの予備知識を持たない人のためのツールです。

グラフィックデザインツールと時間節約ツールが一緒になったもので、プロフェッショナルなデザインを必要とし、通常はすべての作業を外注している人のためのものです。

しかし、Canva Proを使えば、自分でデザインしたものを2倍の速さで完成させることができます。

しかも、デザインやデザインソフトの知識がなくても、Canva Proを使うことができるのが魅力です。

デザインソフトに関しては全くの初心者でも安心して使うことができます。

42万点以上のテンプレート

Canva Proの機能とは?

Canva Proは、大量のデザインテンプレート、プレミアムストックイメージ、フォント、背景、ファイル管理システムのリポジトリであり、コンピュータの知識が少しあれば誰でも活用することができます。

42万点以上のプレミアムテンプレートに加え、7500万点以上の高品質なストックイメージ、動画、オーディオ、グラフィック、さらに3000以上のプレミアムフォントや背景などのアセットが用意されており、次のプロジェクトに取り組むことができます。

さらに、プロジェクトを管理するためのフォルダを無制限に作成できる強力なファイル管理ツールや、デザインのリサイズツールなど、ここでは紹介しきれないほどの充実した機能も搭載しています。

ただ、これらの機能を利用できるのは有料版(プレミアム版)のみで、無料版はそれほど充実していないです。

無料版でも面白いことはできますが、有料版には無視できないほど多くの特典がついています。

もし、起業家で、オンラインビジネスの分野で足場を築くために努力しているのであれば、Canva Proがもたらす率直なアプローチを気に入ると思います。

操作は非常に簡単で、これは最も重要な点です。

多くのことを同時にこなす人間にとっては、学習曲線が最も小さいソフトウェアを常に評価しています。

ソフトウェアの良さはインターフェースにあると考えています。

例えば、Photoshopのように長い学習曲線を必要とするインターフェースは、向いていない方もいます。

ここではPhotoshopの性能を否定しているのではなく、Photoshopは、習得する時間がないような人間には向かないです。

あるユーザーには、より迅速なソリューションが必要です。

一人の起業家としては、自分のアイデアをすぐに具体的な形にできるものが必要です。

Canva Proを試し始めたとき、とても懐疑的でした。

テンプレートの扱い方、要素や背景の扱い方、音声の挿入やスライドのアニメーションなど、理解するのに時間がかかるのではないかと思ったのです。

しかし、一度コツをつかめば、とても簡単だということがわかりました。

実際に使ってみると、5分もかからずにベアリングが使えるようになり、その後はデザインプロセス全体を楽しめるようになりました。

Canva Proの料金

Canva Proの価格はそれほど高いものではありません。

月間と年間のサブスクリプションオプションを提供しています。そう、これはサブスクリプションモデルなのです。

残念ながら、一度支払えばずっと使い続けることができるスタンドアローンのオプションはありません。

どんな仕事をしているか、そしてCanva Proがそのサイクルの中に入るかどうかによります。

もし、数ヶ月に1回程度の頻度でしかクリエイティブな仕事をしないのであれば、デザイナーに仕事を委託した方が、年間利用料を支払うよりもずっと安く済みます。

一方で、ソーシャルメディアやその他の電子プラットフォームにマーケティングの全てを依存していて、現時点でデザイン作業を外注したくないのであれば、Canva Proは非常に理にかなっていると言えます。

また、本業がデザイナーで、よりシンプルなマーケティングやプロモーション用のクリエイティブをより早く作成できる副次的なデザインソフトを持ちたいと考えている人にとっても意味があります。

さらに、このサービスを利用することで得られるメリットもあります。

例えば、マーケティング資料やクリエイティブをデザインするためにストックフォトが定期的に必要で、そのための費用を別途支払っているとします。

つまり、1つの価格で2つのサービスを受けることができるのです。

Canvaは、オンラインで動作する人気のグラフィックデザインツールです。美しくデザインされた何千ものテンプレートを使って、お好みの完璧なデザインを素早く作成することができます!

Canvaを使えば、ソーシャルメディアへの投稿、結婚式の招待状、ブログのバナー、履歴書、ロゴ、Twitterのバナー、名刺、プレゼンテーション、チラシ、Instagramのストーリーなど、さまざまなデザインを作成することができます。

クラウドベースのツールなので、いつでもどこからでもすべてのデザインを作成し、アクセスすることができます。さらにCanvaは、AndroidやiOSデバイス用のパワフルなモバイルアプリも提供しています。

Canva Proは、機能の面でCanva Freeを大幅にアップグレードしています。
Canvaが様々なプログラムでProプランを無料で提供しているのは良いことです。

Canva Proは、年間プランで月額1,000円で30日間無料でお試し可能です。



タイトルとURLをコピーしました