Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

ブログのアクセス数(PV)を増やすには?ウェブサイトのSEOをマスターする方法!

 

ウェブサイトを構築すると、見た目を自由にコントロールできたり、好きなようにブログを追加できたり、多くのメリットがあります。

しかし、Googleで自分のサイトを見つけてもらうためのSEO(検索エンジン最適化)という厄介な問題に自分で取り組まなければならないということでもあります。仕組みさえわかれば難しいことではありませんが、気を落とさないでください。

Googleで何かを検索すると、オーガニックと有料の2種類の結果が表示されます。 有料の検索結果には「スポンサー」という言葉がついていて、その名の通り、サイトのオーナーが料金を支払っているために目立つように表示されます。

ここでは、その下に表示され、一般的に信頼性が高いと考えられているオーガニックの検索結果に焦点を当てます。検索エンジンは「ウェブ・クローラー」と呼ばれるソフトウェアを使用しており、ウェブページ内のリンクをたどり、結果のページをインデックス化します。お客様が検索エンジンに単語やフレーズを入力すると、検索エンジンは作成されたインデックスを使用して最も関連性の高い結果を見つけます。

検索エンジンは、ランキングアルゴリズムと呼ばれる複雑な方程式を用いて、検索結果の表示順を決定します。これらのアルゴリズムは何百もの異なる要因を考慮していますが、クローラーが自分のサイトを見つけ、アルゴリズムが自分のサイトを上位にランク付けするために、自分ができることがあります。

検索エンジンにサイトを表示させるには、クローラーに発見されるのを待つか、手動で送信するかのどちらかになります。これで最初のステップは完了です。検索エンジンは、人々に最も有用なサイトを表示することを目的としているため、SEOの最も重要な部分は、定期的に更新された良質なコンテンツを持つことです。しかし、クローラーは人間ではありませんから、考慮すべき点がいくつかあります。

クローラーはサイトを解釈できなければならないので、画像やFlashコンテンツだけでは意味がなく、ソフトウェアが解釈できる実際のテキストが必要です。これはユーザーにとっても重要です。何らかの理由で画像を見ることができない場合、テキストがなければサイトを利用することはできません。また、ウェブサイトのセクションには、論理的な方法で名前を付ける必要があります。

例えば、スカーフを紹介するページはscarf.html、帽子を紹介するページはhats.htmlとし、page1.htmlやpage2.htmlとは呼ばないようにしましょう。ページ1.html、ページ2.htmlと呼ばないようにしましょう。これは、お客様にとっても、サイトのどの部分にいるのかがすぐにわかるので便利です。サイト内のページやテキストを重複させないようにしましょう。同じものを2度読みたいと思う人はいないでしょう。

キーワード
SEO対策の中でも最も重要なのが、キーワードの使用です。キーワードとは、商品に興味を持った人が検索するであろう言葉やフレーズのことです。

これらのキーワードをサイトのテキストに使用することで、ユーザーに検索してもらえるようにします。どのキーワードを使うべきかは難しいところですが、お客様の立場に立って考えるのが一番のアドバイスです。

また、それを支援するツールもあります。中でも便利なのが、Google AdWordsのキーワードプランナーです。その名の通り、Googleで広告を購入するためだけのツールではありません。お客様が検索しそうな単語やフレーズを見つけ、それをサイトに組み込むためのガイドを提供してくれます。Googleアカウントでログインし、「ツール」タブをクリックし、「キーワードプランナー」を選択してご利用ください。

避けるべきSEO対策

キーワードの詰め込み
キーワードの扱いには十分注意してください。何よりも、自分のサイトはお客様にとって有益である必要があります。キーワードが多すぎるために、文章が変に聞こえたり、堅苦しくなったりすると、訪問者は引いてしまいます。

リンクファーム
リンクは重要ですが、それは関連性があり自然なものである場合に限ります。お金を払って他のサイトからのリンクを求めたり、大きなディレクトリにサイトを登録したり、たくさんの「リンクしてくれたらリンクするよ」というスキームに参加したりしないでください。これらは、顧客にとって役に立たないだけでなく、Googleからもペナルティを受ける可能性があります。

コメントスパム
自分のサイトをリンクさせることだけを目的として、ブログにコメントを投稿しないでください。このような行為は、そのトピックに関する意見を読みたいと思っている他の訪問者にとって迷惑であり、自分の評判を落とすことになります。

タイトルとURLをコピーしました