Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す

在宅勤務で成功と生産性のために自分自身を準備する方法

 

自宅で仕事をするには、やる気と集中力、そして適切な環境を整えることが必要です。
プロのように自宅で仕事をする準備をしましょう。

自宅で仕事をして成功と生産性のために準備する方法

デジタルノマドやホームオフィスワーカーの間では、自宅で仕事をすることが当たり前になっています。

もともと遠隔地で仕事をしていた人も、初めての人も、自分だけの上司であり、唯一の同僚であることには難しい部分があります。生産性を維持し、チームの一員であることを実感するには、モチベーションやタスクを維持できる人が周りにいないと難しいものです。

また、実家に住んでいると、仕事の前後に交流を持つことが難しくなります。就業時間を厳守し、完全にログオフするかどうかの境界線をしっかりと設定することが重要です。就業時間中に必要な仕事をすべてこなすには、家庭生活での気晴らしが必要になります。

まずは、家庭生活から切り離すためのワークスペースを作ることから始めましょう。

快適な独立した仕事場をつくる

オフィスで仕事をするということは、生産性が高く、共同作業がしやすく、全体的に快適な空間が用意されているという特典があります。自宅で仕事をするようになった人の多くは、適切なスペースの確保に苦労しています。

家の一角や部屋を仕事専用にする。机や椅子、整理整頓された仕事に関連する物を置く場所など、適切な設備を整えます。壁にはメモを貼る場所やカレンダーを見られるようにし、仕事に関係のないものは置かないようにします。

最も重要なことは、人間工学に基づいた家具に投資することです。作業中に背中を支えてくれる良い椅子を手に入れましょう。また、人間工学的に優れたアイテムとして、座ることから立つことまでできるデスクがあります。

今すぐ新しい家具を購入するのが難しい場合は、立って仕事ができるノートパソコン用の特別なスタンドがあります。また、人間工学に基づいて設計されたフットレストもあり、姿勢や腰の負担を軽減することができます。自分の体に合ったものを見つけてください。

自宅での仕事は、快適さと生産性を両立させることが大切です。独立したスペースを持つことで、仕事と家庭の生活を分けることができます。そのスペースに入ることが、仕事のルーティンの最初の部分になるのです。

仕事の開始と終了をルーティン化する

8:30からの会議のために、8:25にベッドから起き出して、腰まで服を着て、コーヒーを片手に仕事をしたいと思うかもしれません。しかし、これは集中力を高め、生産性を高め、家を出るための準備としてはベストな方法ではありません。

難しいことですが、出勤前と出勤後のルーティンを作るようにしましょう。会社に行くときと同じように、その日の準備をするのです。シャワーを浴びる、朝食をとる、新聞を読むなど、その日の準備に役立つことなら何でもします。仕事場に入る前に、精神的な準備をします。仕事を始める前に目を閉じて数回深呼吸をすると、やる気が出ます。

仕事を終えるときも同様です。オフィスを出るときのように行動し、同僚にその日のうちにログオフすることを伝え、コンピュータを閉じて、仕事から切り離される準備をします。散歩したり、スーパーに買い物に行ったりして、仕事のことを考えないようにして、家にいるときの自分を取り戻す準備をします。趣味や夜のアクティビティを持つことも、断ち切るための素晴らしい方法です。

自分のボスになる

在宅勤務はひとりで仕事をしているようなものですが、良い面もあり、自分自身が上司であるようなものです。自分の生産性とスケジュールを管理しなければなりません。

仕事の前後の習慣に加えて、正しい考え方を身につけるためには、仕事のリズムを一定に保つ必要があります。例えば、仕事をする時間を決めたり、コミュニケーションをとったり、会議に参加したりすることです。一般的な整理整頓の目安は、「大タスク1、中タスク3、小タスク5」の135通りです。

生産性の高い時間帯を意識しましょう。人によってリズムは異なりますが、有名なスランプの時間帯は、朝一番と昼食後です。自分が最も生産的だと感じる時間帯とそうでない時間帯を意識して、重要な仕事をピーク時に計画するようにしましょう。

気が散っても無視することを覚えましょう。仕事のゾーンに入ったのですから、もう家のゾーンにはいないことを尊重しなければなりません。もちろん、家に子供がいる場合、これは非常に難しいことです。このような状況を改善するには、生産的に仕事をするためのモチベーションを高めることです。気が散ることがわかっていれば、それに備えて仕事のリズムを整えることができます。

モチベーションや集中力の話はさておき、自分のペースを守ることが大切です。遠隔地にいる社員は、周りにサポートしてくれるチームがいないと、燃え尽き症候群になりやすいのです。いつものように、生産性の高い仕事をするために、自分のニーズを大切にしてください。

この記事もおすすめ
    タイトルとURLをコピーしました