Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

デジタル・ブレイン(第二の脳)の作り方とは?

人間の脳は、多くの機能を備えた驚異の存在です。脳を研究する研究者が増えれば増えるほど、脳がどれだけの情報を記憶できるかが分かってきます。

人間の脳は約10億個の神経細胞で構成されています。各ニューロンは他のニューロンと約1,000の結合を形成しており、1兆以上の結合に相当します。もし各ニューロンが1つの記憶の保存にしか役立たないとしたら、容量不足が問題になります。

もし、より多くのデータを保存できるだけでなく、それらを簡単に取り出すことができ、問題解決や創造性のために脳にもっと余裕を持たせることができるとしたらどうでしょう?

第二の脳(私はデジタル脳と呼んでいます)を作ることで、増大する知識に簡単に対処することができます。情報を効果的に管理するということは、頭を使ってすべての詳細を記憶することはできないことを理解することです。

情報は、自分が行うすべてのことに不可欠です。新しいスキルを身につけ、職場でプロジェクトを成功させ、ビジネスを立ち上げて運営するには、適切な情報が必要です。キャリア目標を達成し、生活の質を向上させるためには、情報を効果的に管理する必要があります。

このページでは、情報を効果的に管理し、目標を達成するための「第二の脳」を作る方法についてご紹介します。

第二の脳とは何か?

最近読んだ記事や本の重要なポイントを思い出せず、何度苦労したことです。保存したはずのファイルを探して時間を無駄にしたことはありませんか?

そのような状況に陥ったことがあるのは、自分だけではありません。現代社会では、世界中で何百万人もの人が情報過多と闘っているのです。情報過多は、精神的なリソースに負担をかけ、不安を残すため、圧倒的に多いのです。

そこで登場するのが、「第二の脳」という概念です。

第二の脳を作るには、人工的に自分の心のコピーを作ったり、人間の脳を再現する必要はありません。思いついたアイデアや思考を捕らえ、整理し、検索し、保存する外部システムを構築することです。第二の脳は、情報の記録、整理、想起の方法を最適化することを可能にします。

第二の脳を構築するためにアナログツールを使うこともできますが、デジタルツールの方があらゆる面で優れています。

デジタルツールは、物理的なツールに比べ、持ち運びが容易で、アクセスも容易です。このようなメリットから、ここでは第二の脳を作るためのデジタルツールに焦点を当てます。

デジタルブレイン

デジタル・ブレインは、外付けのハードディスク・ドライブに似ています。ハードディスクがいっぱいになっても、追加の情報を保存することができます。しかし、記録し、整理し、呼び出すことができます。つまり、記憶力を向上させるために苦労する必要はないのです。この記憶には、多くの要素があります。

コンピューティングの観点から見ると、メモリは3つの重要な要素を含んでいます。

記録 – 情報を保存する
整理-論理的にアーカイブする
想起 – 必要なときに再び取り出すこと

コンピュータと同じように、「デジタル・ブレイン」を持つことで、この記憶のフレームワークと同じように、脳への情報の出入りを管理することができるようになるのです。

例えば
Webサイトで新しいアカウントを設定するとき、厳しいセキュリティ設定のため、多くのサイトでは、普段使わない特殊文字を使った複雑なパスワードを考えなければなりません。

その結果、自分はこの新しいパスワードを記憶し、脳内に記憶されている他のパスワードと関連付け、次回ログイン時にそのパスワードを入力しなければならないです。

この単純な例でも、このプロセスには忘れやすい部分がいくつかあります。この新しいパスワードはユニークなので、私たちはいつものパターンでそれを認識するのが難しいのです。また、毎日使うパスワードでなければ、数日経つと簡単に忘れてしまいます。ある日、パスワードを思い出そうとしても、間違ったものを何度も入力してしまいます。

よくあることの一つです。情報が複雑だからでしょうか?
パスワードは、文字、数字、記号を並べただけのものです。

私たちの脳は暗記するようにできていないから、こうなってしまうのです。デジタル・ブレインがあれば、力仕事を任せることができるのです。

デジタル・ブレインが必要な理由

脳は2つあるのが最適です。自分が生まれながらにして持っている脳は、かなり限定されたものです。

大学の研究によると、大脳皮質だけでも125兆個のシナプスがあるそうです。平均的な成人の脳は、250万ギガバイトに相当するデジタルメモリーを保存する能力を持っています。

第二の脳を構築することで、学習・記憶能力のギャップを埋めることができます。

第二の脳は、次のようなことを支援します。

情報の効率的な学習と保存

必要なときに情報をすばやく呼び出すことができる
情報を整理し、思考プロセスの関連性とパターンを明らかにします。

知識を増やし、仕事の目標をより早く達成したいのであれば、デジタル・ブレインを構築することをお勧めします。第二の脳を作るには多くの時間とエネルギーが必要ですが、重要なプロジェクトのために時間を効果的に管理できるようになります。デジタルブレインが必要な理由は以下の通りです。

1. メンタル・リソースの有効活用

他の器官と同様に、脳にも限界があります。特に、複雑な問題を解決したり、作業に取り組んだりするときはそうです。もし自分が仕事のプロジェクトに取り組んでいるとき、頭の中がグルグル回っていたら、集中して時間内に完成させるのはかなり難しいです。

第二の脳は、気が散ったときに対処するのに役立ちます。生活の中にしっかりとしたシステムを持つことで、複雑な問題を素早く解決し、長期的に軌道に乗せることができるようになるのです。他のことを考えずに済むと、最も重要なタスクに集中しやすくなるのです。

2. 整理整頓を怠らない

人生とは、仕事とプライベートの義務のバランスをとることです。一度にたくさんのことをすると、重要な仕事に取り組むのを忘れがちになります。特に、新しいスキルを身につけようとしている人は、そうなりがちです。デジタル・ブレインは、整理整頓を心がけ、ストレスの多い人生を送らないようにするために役立ちます。

人生で成功するためには、物事を成し遂げなければなりません。そして、物事を成し遂げるには、整理整頓が必要です。自分が持っている知識を整理することで、最も重要なタスクに取り組むための十分な時間を確保することができます。

貴重な材料と効果的な方法論を使うので、プロジェクトをより早く完了させることができます。目標を達成することで、クリエイティブな自信が生まれます。そして、より大きなプロジェクトに挑戦することができるようになるのです。

3. クリエイティブなプロセスを確立する

私たちの現代社会は、クリエイティビティによって支えられています。しかし、世界中の何百万人もの人々にとって、創造性とは神秘的で予測不可能なものです。他の人が長年かけて集めた連想、きっかけ、疑問、アイデアのプールに浸ることで、必要な時にインスピレーションと創造性を呼び起こすことができます。

第二の脳を構築することは、自分の創造的なプロセスを確立し、人生における最大の目標を達成するための習慣を構築するための鍵となるのです。完璧主義者である必要も、考えすぎる必要もなく、創造的なプロセスを解き放つことができるのです。

4. 知識をチャンスに変える

今は、かつてないほどの起業家精神にあふれた時代です。今日、自分は自分の知識をオンラインで公開し、聴衆を見つけ、新しい収入の流れを作ることができます。

ビジネスであれ、趣味であれ、キャリアの選択肢は多く、チャンスは無数にあります。アイデアと洞察力を指先に、知識で簡単に経済を拡大することができるのです。

5. 思考力を高め、人脈を掘り起こす

現代経済では、キャリアの成功は自分の考え方次第です。考えすぎや完璧主義者になろうとするのではなく、最高のイメージ、物語、比喩、逸話、観察などを簡単に一か所に集めることができます。

そして、これによって想像力が向上し、異なるアイデア間のつながりが明らかになります。研究調査によると、想像力を高めることで、人生における最大の目標を達成する可能性が高まることが分かっています。

パターンを発見する能力によって、自分は他の人より先にチャンスを見つけ、群衆の中で一歩先を行くことができるようになります。

6. 新しいビジネスや仕事のための信頼性を高める

自分の主な資産は、経験の結果、時間をかけて得た知識です。もし、他の人が自分の時間を使わずにこの知識にアクセスできなければ、相手は行き詰ってしまうです。テクノロジーの急速な進歩により、知識を目に見える形にすることができるようになりました。

これによって、自分は自分の好きなように時間を使い、他の人は必要な情報を確実に手に入れることができるのです。デジタル・ブレインを構築すれば、転職も起業も、新しいことを学ぶチャンスになります。

7. 学習リソースの効果的な活用

今日、何百万人もの人々が、新しいスキルを身につけ、人生においてより多くの機会を得るために、オンライン学習リソースを利用しています。オンライン学習リソースはたくさんあります。書籍、フォーラム、ポッドキャスト、記事などさまざまなものがあります。

これらのリソースのほとんどは、無料または適正な価格でアクセスすることができます。これらの知識を小さく分割して保存すれば、多くの時間とお金を節約することができます。デジタル・ブレインを構築することで、学習プロセスを常に把握することができます。学習が楽しいものになり、上達も早くなります。

第二の脳を手に入れた感想は?

デジタル・ブレインのおかげで、この数年間、仕事と生活をより生産的かつ組織的に管理できています。

1001個のアカウントのパスワードを苦労して思い出す必要はありません。食料品リストの品目を忘れることもありません。約束も忘れたことがないです。そして、いつでもどこでも重要な情報や書類を簡単に取り出すことができるようになったのです。

記憶するというタスクを第二の脳に委ねると、すべての情報に対して何が必要なのかがわかるので、ストレスや不安を最小限に抑えることができます。

忘れることがないため、情報を扱うのに自信がつきます。不安や心配事があっても、それを解消し、しっかりとした計画を立てることができるようになります。毎日出会う大量の情報の意味を理解し、頭がクリアになります。

デジタル脳(第二の脳)の鍛え方

第二の脳を作るには、お金がかかるのでしょうか?答えは、いいえであり、はいです。

お金はかかりませんが、それなりの努力は必要です。

先に述べたように、デジタルブレインを開発するためには、以下のことが必要です。

記録する – 情報を保存する
整理する – 情報を論理的に保存する
リコール:必要なときに再び取り出すこと

そして、これらの要素について、それぞれ掘り下げていきます。

1. 記録する前に、自分にとって重要な情報を決める

現代社会で成果を上げるには、膨大な量の情報を効率的に管理する必要があります。記事、書籍、LINE、メール、テキストメッセージのすべてに価値があるのです。しかし、すべてを記憶しようとすると、圧倒されるだけでなく、現実的ではありません。

自分の目的と目標を思い出してみてください。

成長するために
現在の課題に取り組むため
やりたいことを実現するために

そのためには、アイデアを集約し、目標を達成するための確固たるシステムを構築する必要があります。デジタル脳を鍛えることで、生物学的な脳が想像し、創造することができるようになります。

2. 適切なツールで情報を記録する

ワープロでアイデアを練ったり、重要なメモをメールで送ったり、読書中にメモを取ったりと、私たちはほとんどの場合、何の準備もなく情報を記録しています。

しかし、その情報を使うことはありません。Microsoft One Note、Evernoteなど、情報を生産するにしても消費するにしても、情報を一元管理できる場所に保存する必要があるのです。

これらのアプリを使えば、小さな情報の断片を保存することができます。画像、スクリーンショット、ハイパーリンク、ウェブページ、PDFを保存することができます。そして、さまざまなデバイスを使って、それらにアクセスすることができます。

情報の種類が異なれば、必要なツールも異なるです。

ノート作成 – Evernoteのようなノート作成アプリは、世界で最も優れたいいえト作成アプリの1つです。
ユーザーは、オーディオクリップ、Slackの会話、PDF文書、テキストノート、画像、スキャンした手書きのページ、電子メール、ウェブサイトを追加することができます。
便利な記事の保存 – Pocketは、素敵な機能と優れた整理機能を提供する素晴らしいアプリです。画像、動画、従来のテキストで文書を分類することができます。その新しいデザインは、ウェブ用に最適化されています。

スケジュールに関連する情報 – カレンダーアプリは、最も重要なタスクを思い出させるだけでなく、時間を効果的に管理し、生産性を高めるのに役立ちます。カレンダーアプリはたくさんあります。最高のカレンダーアプリは、アクセスが簡単で、素晴らしい機能がたくさんあり、複数のデバイスを使用してアクセスすることができます。Googleカレンダー、Appleカレンダー、Microsoft Outlookカレンダーなどがあります。
タスク – ToDoリスト/チェックリストアプリは、タスクを常に把握するために必要不可欠です。ToDoリストアプリを選ぶ際、考慮すべき点は、使いやすさ、柔軟性、予算、クロスプラットフォームの互換性などです。最高のToDoリストアプリには、Google Keep、Google Tasks、Apple Notesなどがあります。

3. 適切なツールで情報を整理し、検索しやすくする

情報を収集した後は、どのように整理すればよいのでしょうか。

重要な情報を収集し、整理し始めると、人脈に気づき始めるです。ネットワーキングに関する記事を読めば、オンライン・マーケティングを理解することができます。数年前に取っておいた名刺が、フォローアップや新規顧客獲得に役立つこともあります。

適切なツールを選ぶことで、簡単に情報を整理することができます。ここでは、適切なツールを選ぶための基準をいくつか紹介します。

様々なデバイスで利用でき、デバイス間で情報を同期できるか?
個人専用なのか、チーム専用なのか?
検索機能など、情報を簡単に取り出せるか?
カテゴリー分けやデータのラベル付けが簡単にできるか?
リストやコレクションを作成し、整理することができるか?
アイデアや情報を簡単につなげることができるか?
マインドマップを作成し、視覚的な方法で考えを整理するのに役立ちますか?

情報やデータを効果的に整理する方法はたくさんあります。

例えば、ライフハックでは、プレイブックや重要なデータベースを整理するためにNotionを使用しています。Notionを選んだのは、チームがさまざまな種類の情報を非常に整理された方法で保存するのに役立つからです。さまざまなデータのコレクションを作成し、役割に応じて特定の情報をメンバーと簡単に共有することができるのです。また、さまざまなデバイスで利用できるのも魅力です。

まとめ
デジタル・ブレイン(第二の脳)を構築することで、情報を体系的に保存し、新しいアイデアを思いつき、それを現実のものとすることができるようになるのです。第二の脳は、生物学的な脳の延長として機能します。そして、物忘れを防ぐことで、より大きな創造的チャレンジが可能になるのです。

学ぶことが好きな人が直面する大きな問題のひとつは、情報を活用することなく、常に自分に与えていることです。自分の人生をより良くするための経験は、毎日先送りにされ、忘れ去られてしまうのです。情報は使ってこそ力になります。

あわせて読みたい