法人の電気代を大幅に安くする方法とは?節約できる「ライト電気」がおすすめ!

ビジネス

経営者にとって、電気をより効率的に使用する方法を見つけることは、電気代をコントロールし、コストを削減するために重要です。

オフィスの電気代を節約するには?

公式サイト:基本料金3ヶ月無料!【ライトでんき】

電気代のコストを節約し、電気代を効率的に使用する方法が数多くあり、経営者は電気代予算をうまくコントロールし、コストを削減することができます。これらの方法の多くはシンプルで、スタッフに電気代コストを意識するように伝え、すぐに電気代節約を始められるように協力を求めることで実現できます。また、最新のテクノロジーを利用して、電気代使用量をスマートかつ自動的に管理するソリューションもあります。

この2つの方法を組み合わせて、より多くの選択肢を提供し、すぐにできることもあれば、他のことも考慮しています。
一番は、電気会社を変えることで、大幅に電気代を節約出来ます。

ライト電気とは?

豊富なプランがあります。法人様に特化したサービス。使用電力の削減が出来ます。
工場や飲食店、美容室、介護施設などの法人は、オフィスの場合、年間80万円など大幅な電気代金の料金を削減可能です。
法人、個人事業主の方に利用されています。エアコン、業務用冷蔵庫、照明代、作業機器など電気代にお困りではありませんか?

法人様に特化した「ライトでんき」がおすすめです。簡単手続きでとてもお得です。



電気代の調査を受ける

現在の電気代使用状況を把握し、職場での電気代コスト削減に役立つ可能な解決策がわかります。

会社や予算に合ったものを選びましょう。

電気代効率化技術の導入

電気代効率に優れた機器は数多くあります。使用する電気代の量を減らすことができます。スマートLED照明システムでは、指定した時間に照明をオンまたはオフにするようプログラムすることができます。また、センサーが部屋の日照時間を検知し、人がいない場所では自動的に照明を落としたり、消灯したりします。このように、既存の電気代を賢く利用するための技術は数多く存在します。

ピーク時の需要を抑える

ビジネスにおける電気代コストを削減する最善の方法の1つは、ピーク時の需要を管理または削減することです。ピーク時の需要とは?ピーク時とは、1日の中でビジネスが最も多くの電気代を使用する瞬間のことです。例えば、一日の始まりに照明やパソコン、機械などを一斉に起動したり、一日の中で重い機械を操作したりする時などが挙げられます。ピーク時の電気代需要を削減し、請求書の大幅な節約につながります。

使用していない照明は消す

簡単なことのように聞こえますが、多くの企業がこの簡単なソリューションを見落としています。ほとんどの企業やオフィスでは、トイレ、会議室、空きオフィス、廊下など、一日中電気がついています。従業員が部屋を出るときや、誰もいない部屋の前を通るときに電気を消すように頼むだけで、すぐに電気代を節約することができます。

自然光を利用する

自然光の活用には2つの意味があります。自然光が入るオフィスは、窓のないオフィスに比べて照明が少なくて済みます。さらに、ソーラー技術はますます安価で効果的になり、魅力的なインセンティブも提供しています。ソーラーシステムも設置されていて人気です。商業用ソーラーシステムの導入は、多くの経営者が考えるよりも簡単です。

サーモスタットのプログラム

スケジュールが決まっているオフィスでは、人がいない間もエアコンや暖房をつけておく必要はありません。開店30分前に電源を入れ、終業時に電源を切るようにサーモスタットをプログラムすれば、すぐに電気代コストを削減することができます。

植物が電気代コスト削減に貢献

植物は建物の外部からの電気代コストの削減に役立ちます。オフィスの外壁に低木や草木などの植物を植えると、建物の外観が美しくなるだけでなく、太陽や異常気象に対する自然な断熱効果も得られます。

電気代コストを削減したいと考えているすべてのビジネスには、さまざまな可能性や組み合わせのソリューションがあります。もし経営者で、電気代コストを削減し、予算をうまくコントロールする方法を探しているのであれば、上記のような簡単な方法で、その目標を素早く達成することができます。

毎月の電気代を削減するならライト電気がおすすめ。基本料金3ヶ月無料です!



お気に入り
タイトルとURLをコピーしました