本を読むことで得られる10のメリット!なぜ毎日読むべきなのか?

ビジネス

本を読むことにはたくさんのメリットがあります。

しかし、現実を見てください。映画を見たり、オーディオブックを聴いたり、YouTubeの動画を見たりできるのに、ページ数が多い本を読む気になるのは難しいでしょう。

そうですよね?

しかし、もし自分が毎日の読書のほとんどをインスタの投稿やLINE、ニュースの見出しで済ませているなら、それは損をしていると言えるでしょう。

では、本を読むことにはどんなメリットがあるのでしょうか?

もっと本を読みたいけど、やる気が出ないという方には、この記事をお勧めします。本を読むことの重要性を理解すれば、より多くの本を読むことができるでしょう。

本を読むことで得られるメリットとは?

ここでは、本を読むことの重要性を示す10のメリットを紹介します。

毎日読書をすると

貴重な知識が得られる
脳を鍛える
集中力が高まる
記憶力の向上
エンターテインメントを楽しめる
共感能力の向上
コミュニケーション能力の向上
ストレスの軽減
メンタルヘルスの向上
長生きできる

それでは、読書のメリットをもう少し深く理解してみましょう。

1.貴重な知識が得られる

毎日本を読むことの最も明白な利点の1つは、学習です。

YouTubeの動画やポッドキャストと違って、本は深い知識を得ることができます。つまり、生産性を向上させたいなら、どちらから学ぶべきだと思いますか?

20年間生産性を研究してきた人の本と、そのテーマに興味を持っている人の10分間のYouTube動画では、どちらがより多くのことを学べるでしょうか?
どちらの方がより多くのことを吸収できると思いますか?どちらの方が、自分の習慣を変えるのに役立つと思いますか?もちろん、本です。

成功するためには、テーマの表面を超えることも不可欠です。

それに、本からは文字通り何でも学ぶことができます。たとえば、スペースXの創業者であるイーロン・マスクは、ロケットを作る方法をどうやって学んだかと聞かれると、「本を読んだ」と答えます。

さて、自分は何を学びたいですか?

コードを書く方法、絵を描く方法、ビジネスを成功させる方法などです。先延ばしにしない方法を知りたいのかもしれません。あるいは、人生をガラリと変える方法を知りたいのかもしれません。

それが何であれ、読書は助けになります。

2.脳を鍛える

読書はなぜ大切なのでしょうか?イギリスの作家は、「読書は心にとって、身体にとっての運動である」と書いています。

では、読書は脳にどんな影響を与えるのでしょうか?

読書は、脳内の複雑な回路や信号のネットワークを刺激することが研究で確認されています。さらに、読書の能力が向上すると、これらのネットワークはより強固で洗練されたものになります。

別の研究では、小説を読むことが脳に与える影響を測定しました。この研究の参加者は、ロバート・ハリスの小説「ポンペイ」を読みました。物語の緊張感が高まるにつれて、脳のより多くの領域が活性化されました。

一番いいところを知りたいですか?

本を読んでいる間も、読んだ後も、脳の接続性が高まっていることがスキャンで確認され、毎日本を読むことの大きなメリットが示されました。

つまり、脳は、筋肉と同じように、「使うか、失うか」のポリシーを持っているのです。つまり、定期的に頭を使わないと、認知能力が低下する可能性があるのです。しかし、毎日本を読めば、丈夫で健康な状態を保つことができるのです。

動画編集スクール【クリエイターズジャパン】

3.集中力を高める

長時間、集中して物事に取り組めることは、私たちが成功し、幸福になるために不可欠です。

経済的に価値ある存在であり続けるためには、複雑なことを素早く学ぶ技術を身につけなければならない。この作業にはディープワークが必要です。

「深い仕事」とは何でしょうか?

ディープワークとは、認知的に厳しいタスクに気を散らさずに集中する能力のことです。複雑な情報を素早くマスターし、より少ない時間でより良い結果を出すためのスキルです。ディープワークは、自分の仕事をより良くし、職人技から得られる真の充実感をもたらしてくれます。

また、マルチタスクや通知、ソーシャルメディアのアプリを常に使用しているため、このスキルがますます希薄になっています。マイクロソフト社の調査によると、一般的に人は8秒で注意力を失ってしまうそうです。

そうなんですね。

ありがたいことに、読書の主なメリットの1つは、一度に1つのことに集中する練習になることです。

例えば、小説であれば、異世界に連れて行ってもらうためには、全神経を集中させる必要があります。また、ノンフィクションの場合は、その場にいることを意識して学習する必要があります。

つまり、成功したければ、集中する必要があるのです。そして、もっと集中したければ、本を読んで練習すればいいのです。

4.記憶力を高める

いつも忘れ物をしていませんか?
やることリストがたくさんあっても、何が書いてあるのかよく覚えていませんか?
本を読むことのメリットの1つは、記憶力の向上です。

ノンフィクションの本を読むと、そのテーマに関する膨大な情報を得ることができます。

同様に、小説を読むときには、物語の筋書きや小ネタ、登場人物とその関係、舞台となる環境など、膨大な情報を覚えておかなければなりません。

その情報量の多さには驚かされます。

これらの新しい情報はすべて、新しい記憶を作り出します。
そして、新しい記憶はシナプスを作ったり、古いシナプスを強化したりします。

要するに 毎日の読書は記憶力を向上させます。新しい情報を保存する方法を学び、より効果的に記憶を思い出すことができるのです。

5.エンターテインメントを楽しむ

本は、地球上で最も魅力的なエンターテインメントを提供してくれます。

自分は、読み終えられない本を読んだことがありますか?

物語や学習内容に没頭して、トイレに行きたくなっても、お腹が空いても、読み続けた記憶はありませんか?

その感覚を再現するには、あるいは初めて体験するには、適切な本を見つけるしかありません。

世の中には何百万冊もの素晴らしい本があり、ファンタジー小説や古典文学、自己啓発書やビジネス書など、誰にでもぴったりの読書ジャンルがあります。

さらに、コロナウイルス大流行とそれに伴う経済不況が世界的に続いている今、読書を趣味にするには絶好のタイミングといえるのではないでしょうか。

読書は、自宅で安全に楽しむことができます。また、図書館やAmazonの「Kindle Unlimited」(月額千円で電子書籍が読み放題)などのサービスを利用すれば、本はそれほど高価なものではありません。

毎日、スマートフォンから離れて、本のページを開き、その中に飛び込んでみましょう。

6.共感能力が高まる

本を読むことのもう1つの利点は、他人に共感する能力を高めることができることです。共感力は、ストレスを軽減し、人間関係を改善し、倫理観を高めるなど、さまざまな効果があります。

どのように?

長期的に小説を読む人は「心の理論」が発達している傾向があるそうです。

また、登場人物の内面や感情を描いた物語を読むと、他者の感情や見解を理解する能力が向上することがわかっています。

例えば、「ハリー・ポッター」の目を通して世界を体験することは、家族や友人、同僚の目線で世界を見ることを学ぶのに役立ちます。

作家の言葉があります。偉大な本は、自分が理解するのを助け、自分が理解されたと感じるのを助ける。

SoftBank Air

7.コミュニケーション能力の向上

効果的なコミュニケーション能力は、人生の重要なスキルです。

実際、ある調査によると、雇用主の69%が、効果的なコミュニケーションなどの「ソフト」スキルを持つ人材を採用したいと考えているそうです。

朗報です。読書の主な利点の1つは、コミュニケーション能力を高めることです。

どのように?毎日、読書をすることで、いくつかの方法でコミュニケーションスキルを向上させることができます。例えば、読書は文章に影響を与え、語彙を増やすことができます。

優れた文章を読むと、その文章のスタイル、拍子、構成などを自然に観察することができます。これらの特徴は、音楽家がお互いに影響し合うのと同じように、必然的に自分の文章に反映されます。

さらに、日頃から読書をしている人は、語彙が豊富になるという研究結果もあります。

最後に忘れてはならないのは、読書は相手を共感し理解する能力を高め、コミュニケーション能力の向上にも役立つということです。

要するに もっと読んで、もっとコミュニケーションをとって、人生を豊かにしましょう。

8.ストレスを減らす

読書のもう一つの効果は、ストレスを軽減することです。

たった30分の読書で、血圧、心拍数、心理的苦痛の感情が低下することが研究で証明されています。

また、別の研究では、散歩をする、お茶やコーヒーを飲む、ビデオゲームをするなどと比較して、読書が最もストレスを軽減する方法であることが発見されました。この研究では、6分間の読書でも、ストレスレベルを3分の2以上減少させるのに十分であることがわかりました。

「本に没頭することは、究極のリラクゼーションです

ですから、今度ストレスを感じたときには、楽しみながら読書をすることのメリットを思い出して、緊張を解いてください。

高収入案件多数!【join】でフリーランスエンジニアに

9.メンタルヘルスの向上

読書の利点は、精神的な健康にも及びます。

研究者が自己啓発書の効果を調査したところ、多くの本がうつ病やその他の気分障害に測定可能な影響を与えることがわかりました。

本を治療に役立てることを ビブリオセラピーといいます。

ですから、もし自分が悩んでいるのであれば–インスタグラムではどんな生活をしているように見えても、皆、時々は悩んでいるのです。症状を和らげる効果があると証明されている本を読むことを検討してみてください。

10.長生きする

読書による最後の効果は、おそらく最もエキサイティングで興味深いものの1つです。読書がもたらす健康上のメリットは、私たちを長生きさせてくれることがわかったのです。

健康と老後に関する12年間の研究によると、本を読む人は、本を読まない人や雑誌、WEBサイトなどのメディアを読む人に比べて、約2年長く生きられることがわかりました。さらに、1日30分(1週間に3.5時間)読書をする人は、あまり読書をしない人よりも23%長生きする可能性が高かったそうです。

すばらしいでしょう?

前述したように、読書は脳を鍛えて頭を良くしたり、鋭くしたりするのに最適な方法です。しかし、これに加えて、読書は加齢による認知機能の低下を防ぐ効果もあります。

ある研究によると、定期的に読書をしたり、精神的に難しいゲームをする高齢者は、アルツハイマー病になる可能性が2.5倍低いそうです。

一方で、脳の運動をしない人は、脳力が低下する可能性があります。

毎日の読書による健康効果を推奨しているのもうなずけます。

つまり、毎日読書をしていれば、精神的な能力を維持して長生きできる可能性が高いのです。

【テックビズフリーランス】

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました