Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

難しいことをするために脳を鍛える6つの習慣!

 

自分は、難しい仕事に悩むことがありますか?
ほとんどの人がそうです。

難しいこと、時間のかかること、自分が苦手とすることに一生懸命取り組むのは難しいものです。
幸いなことに、これらのことを達成するために脳を再配線することができます。

しかし、実際には、このような困難な状況は訪れるものであり、このような複雑な問題には、できるだけ前向きに対処する必要があります。

ある種の習慣を身につけることで、困難な仕事をよりよい方法で処理するというコンセプトに慣れることができます。

難しい仕事をこなすために脳を再配線する6つの習慣をご紹介します。

1.瞑想する

瞑想は、脳の構造を変えて、認知機能を高め、仕事をうまくこなせるようにする効果があることで有名です。

しかも、いつでもどこでもできて、無料でできるというのが魅力です。ここでは、複雑なタスクのために脳を再配線するという高い目標を達成するための瞑想の方法をいくつかご紹介します。

脳の血液循環

脳が最高の状態で機能するためには、十分な栄養と酸素が必要です。

脳の血行が良くなると、脳やその周辺の様々な部位がより良い状態で働くようになり、集中力や注意力の持続、感情のコントロール、仕事や感情の管理などが改善されます。瞑想は脳への血流を促進し、これらの改善を可能にします。

ストレス解消

困難な仕事をすると、ストレスレベルがピークに達し、その仕事をするのが困難になります。瞑想は心を落ち着かせる効果があることで知られています。

ストレス反応を減らし、少しの間冷静になることで、感情をバランスのとれたレベルに戻すことができます。

灰白質密度

瞑想をすると、脳幹周辺の脳の灰白質の密度が高まり、狭い空間に多くのニューロンを素早く詰め込むことができます。

これは認知能力を高めるという点で素晴らしいことです。どのように?コンピュータのトランジスタのようなものだと思ってください。

トランジスタが多ければ多いほど、エネルギー消費が少なくなり、CPUの性能が向上します。

基本的に、瞑想という行為は、エネルギー消費、パフォーマンス、生産性の効率を高めてくれるのです。

積み重ねの効果

瞑想には、最初はあまり画期的とは思えないような些細なことがたくさんあります。

しかし、瞑想を定期的に行い、瞑想セッションの時間を長くすることで、これらのメリットが積み重なっていきます。

これは本質的に、認知機能に様々な種類の「アップグレード」を加えることで、脳を「再配線」することができるのです。

2.「やる気」を優先する

多くの人は、困難な仕事に対して、ややロマンティックに考えます。あたかも映画の主人公のように、自分の本当の強さを引き出すような大きなハードルや課題に立ち向かうことで、インスピレーションやモチベーションを得ようとするのです。

確かに、自分は自分の人生の主人公ですが、現実の世界では、映画のようにはいきません。

自分を変えようと決意した人の半数以上が半年以内にあきらめてしまうことが多く、また、ほとんどの人が目標を達成することなく10回以上同じ決意をしていることがわかっています。

これは何を意味するのでしょうか?

自分を落胆させるためのものではなく、単純な事実を示すためのものです。

決意、モチベーション、インスピレーションは長続きしません。決意やモチベーション、ひらめきは長続きしません。いつかは挫折してしまうのです。永続する意味のある変化は、そんな気まぐれなものからは生まれません。

自分に必要なのは、モチベーションよりもコミットメントを優先することです。どんなに自分を奮い立たせても、仕事が嫌でやる気が起きない日もあるでしょう。

そんなときこそ、コミットメントという価値観が自分を支えてくれるのです。

忍耐力、一貫性、そして物事を継続することの重要性を理解することは、困難なときでもインスピレーションを得ることよりもはるかに重要です。

その上で、長期的なトレーニングは、脳を永久に書き換えるための唯一の方法であることを忘れてはなりません。

一度にたくさんの練習をするのではなく、定期的に何かを行うことが大切です。

週に数時間の練習でも効果があると言われています。ですから、何日も練習するようなインスピレーションよりも、本当に必要な努力なのです。

長期的な成果を得るためには、適度に物事を続けるように脳を再構築する必要があります。

長期的なトレーニングのサポートが必要ですか?
セラピー、ワークショップなど、誰でも簡単にアクセスすることができます

フリーランスエンジニア、副業向けの求人・案件をまとめて検索!【テックゲート】

3.ストレス管理

困難な仕事はストレスになります。それは間違いありません。そして、多少のストレスは避けられません。

時には、ストレスを感じる出来事に対処し、間髪入れずに続けることが必要な場合もあるのは間違いありません。

しかし、全体的に見て、ストレスは管理する必要があります。プレッシャーを感じながら仕事をするのは、誰にとっても良いことではありません。

むしろ、要件をほとんど満たさない、急いでいる、完成させるのが面倒くさいなど、質の低い結果を招いてしまうのです。

ストレスを感じているときのほうが、達成感があると思いませんか?それには理由があります。

ストレスホルモンは、自分をオーバードライブさせるために存在しています。これらの神経伝達物質は、闘争・逃走反応を引き起こし、ストレスを乗り越えるためのアドレナリンを分泌します。

これはどういうことでしょうか?

基本的に、ストレスから得られるポジティブな感情やポジティブな考え方は、脳が強制的に作り出しているだけなのです。

これでは健康的とは言えませんし、持続可能性もありません。結局、このような難しい作業を続けることはできなくなります。

ストレスを生産的かつ効果的に管理する方法を学ぶことで、長期的にはより正確で適切な機能を発揮できるようになります。

4.ポジティブシンキング

ポジティブシンキングは、複雑で困難なことに対応できるように脳を再配線するための絶対的な方法の1つです。ほんの少しの変化が、この点において何をもたらすかは、本当に不思議です。

ここでは、ポジティブシンキングを強化する方法をいくつかご紹介します。

否定的な考えを捨てる
ネガティブなことを引きずったり、心の中で恨んだり、どこにいてもネガティブでシニカルなものを見つけてしまうのは、ネガティブなものを抱え込みすぎている可能性があります。

このような考えは、自分を引き込み、自分を落ち込ませるネガティブなサイクルを永続させます。

このような考えに直面し、対処し、手放すことを学ぶことは、人生やこれからの仕事に対してより前向きな見通しを持つために、脳を再配線する上で非常に重要です。

ポジティブになる
自分は今、この瞬間、人生にポジティブな思考をもたらす力を持っています。明日になったらまた頑張ろうと我慢しないでください。

感謝していることを考えたり、好きなことや楽しいことに没頭したり、ポジティブな人たちと一緒に過ごしたりするなど、人生の中で楽観的になれることを見つけましょう。

マイナスをプラスに変える
明るい話題を見つけるのは難しいですが、可能です。自分の脳が陥りがちなネガティブな考えを自覚し、その考えが定着する前に捕まえることに集中しましょう。

そして、それらの物事の良い点を探し出します。例えば、失敗したときには、その失敗にとらわれるのではなく、学びと成長の絶好の機会だと考えるのです。

前向きに考える
人生の中でポジティブなことを見つけるのが難しいのであれば、人に与えることでポジティブなことを生み出しましょう。

周りの人に親切にしたり、自分が信じている団体でボランティアをしたり、周りの人に思いやりと共感を持って接しましょう。

良いものを与えることで、自分も良いものを受け取ることができます。これもサイクルですが、今回は良いサイクルです。

動画編集スクール【クリエイターズジャパン】

5.責任を持ってくれる人を見つける

習慣とは、自分自身が責任を負うべきものですが、助けを求められないわけではありません。

同じような目標を持ち、同じ作業をしている仲間がいると、お互いに良い結果が得られるという結果が出ています。

自分に責任を持たせてくれる人がいるだけでも、大変な仕事に対する認識を改めるのに役立ちます。

自分の進歩が測定可能になる
人は、自分の成果やパフォーマンスを測定できるときに、最高のパフォーマンスを発揮します。

自分のパフォーマンスをアカウンタビリティ・バディに報告し、その報告を聞くことは、成功率を大幅に向上させる素晴らしい方法です。

他人が自分のモチベーションを維持してくれる
モチベーションよりもコミットメントの重要性について述べてきましたが、少なくとも物事を継続したい場合は、少しの励ましが必要です。

アカウンタビリティ・バディがいれば、必要なときには励ましてくれますし、怠けているときには声をかけてくれます。切磋琢磨することで、より良い結果が得られるかもしれません。

責任の取り方を学べる
責任を取ることは、人生において非常に重要なことです。この技術を完全に習得できない人もいますが、手を抜いてはいけない技術です。

難しい仕事を一人でやり続けたいなら、アカウンタビリティ・パートナーのおかげで責任感を身につけることができます。

6.自然の中で過ごす

自然は美しく、力強いものです。すべての生き物には、私たちを自然と深く結びつける何かが生まれつき備わっています。

屋外が苦手な人でも、脳の配線を変えようとするときには、自然の恩恵を受けることができます。

自然の緑の中で定期的に過ごすと、ポジティブな思考、創造性、集中力が高まります。これらは、複雑な作業をする上で非常に重要な要素です。

このような効果を長期的に維持したいのであれば、自然の中で過ごすことを習慣化するべきです。

これは、自然の中で過ごすことで、ネガティブな考えや不健康な考えから気をそらしながら、運動をすることができるからです。

太陽の光を浴びていると、考え込むこともなくなりますし、ストレスの原因となる息苦しい環境や、起きている間中、慌ただしく過ごすこともなくなります。

最後に、難しい仕事をするための脳の配線を変える方法について考えてみましょう。
困難な課題は、どんなに避けようとしても、自分を襲います。避けられないことに抵抗するのではなく、脳の認識方法を変えて再プログラムしましょう。

考え方を変えれば、難しい仕事も楽にこなせるようになります。

【レアジョブ英会話】オンライン完結成果保証型英会話のスマートメソッドR

タイトルとURLをコピーしました