Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

創造性を発揮するには20分の休憩が必要?

 

道なき道を行く方法
インセンティブを与えた後に考える時間を与えれば、人はより創造的になれるという調査結果が発表されました。

最もクリエイティブな結果を生み出すには、「潜伏期間」が重要です。

実際、人々が創造性を発揮するためにインセンティブを与えられても、すぐにはより多くのアイデアを思いつかないのです。

20分でもいいので、問題から離れることで、より創造的な解決策を生み出すことができるのです。

この調査では、インセンティブと休息時間を組み合わせることで、より創造的な結果が得られることがわかりました。

創造性はすぐには生まれませんが、インセンティブによって思考の種となるアイデアが十分に促進されれば、最終的には創造性が生まれます。

この調査では、あるグループの参加者にはアイデアの数に応じて報酬が支払われ、別のグループには固定額が与えられました。



すぐに創造性テストを行ったところ、思いついたアイデアの数に違いはありませんでした。

しかし、10日後に戻ってきて、再び創造性テストを行いました。

その結果、アイデアの数に応じて報酬を得た人のほうが、戻ってきたときの創造性が高いことがわかったのです。

さらに別の調査では、すでにインセンティブを得ていた人たちの創造性を高めるには、20分の散歩で十分なゲップが得られることがわかった。

“休息をとり、自分を切り離す必要があります。たとえその切り離しが20分であってもです。

創造性のレシピは、やってみることです。そして、実現しないからといってイライラしてはいけません。

リラックスして腰を落ち着けると、それが実現するのです」。

インセンティブがあると、人はより発散的なアイデアを思いつくようになるようです。

つまり、最初に思いついたアイデアの数はほぼ同じだったにもかかわらず、アイデア自体はより異なっていたのです。



タイトルとURLをコピーしました