コーヒーは記憶力を70%向上させる?

ビジネス

記憶喪失のリスクはこの一般的な飲み物で軽減される。

コーヒーは記憶喪失のリスクを最大で70%減らすことができるという研究結果が発表されました。

この研究では、1日に3杯以上飲むことが、1日に1杯だけ飲むよりも記憶力の向上につながることがわかりました。

80歳以上の女性では、3杯以上飲む人のリスクの減少率は70%でした。

80歳以上の女性では、3杯以上のコーヒーを飲むと70%、65歳以上の女性では、同じ量のコーヒーを飲むと30%のリスクが減少しました。

コーヒーを飲むことで、認知症を予防することはできないものの、認知症を遅らせることができる可能性が示唆されました。

フランスの研究では、7,100人を4年間にわたって追跡調査しました。

コーヒーの摂取量を測定し、記憶力テストを行いました。

料金表|女性専用パーソナルトレーニングジム【CREBIQ】

その結果、1日に3杯以上のコーヒーを飲むと記憶力が良くなり、特に高年齢になるほどその傾向が強くなりました。

最近の研究では、男性にも同様の神経保護効果が検出されています。
女性の方がカフェインの影響を受けやすいのかもしれません。

刺激物に対する体の反応が違ったり、カフェインの代謝が違ったりするのかもしれません。

カフェインは、記憶の衰えの速度を遅らせるものの、認知症になる可能性を減らすものではありませんでした。

生物学的にどのように作用するかについてはいくつかのアイデアがありますが、認知機能の低下を抑制する方法としてカフェインの摂取を推進する前に、カフェインが脳にどのような影響を与えるかについて、より深く理解する必要があります。

しかし、この結果は興味深いものです。カフェインの使用はすでに広く普及しており、認知機能低下に対する他の治療法に比べて副作用が少なく、有益な効果を得るためには比較的少量の摂取でよいのです。



タイトルとURLをコピーしました