高いIQと自信に満ちたサインの関係性

更新日:
ガガログ編集部

人は自分の知的能力に確信を持っていると、他者よりも優れていると考えがちです。この自信に満ちた態度は、実際に高い学力と関連していることが研究で明らかになっています。知的傲慢さは優秀な成績を収める要因と関係していたのです。

知的傲慢さと学業成績の関係

知的に傲慢な人々は、「自分の考えは他人より優れている」といった発言に同意する傾向にあります。外交的でグループをリードし、注目の的になろうとする人は、他者から知的傲慢だと見なされがちです。しかし、自分を知的に傲慢だと自覚している人は、自身の知識を把握しており、それが学業成績の向上につながっている可能性が高いのです。

実際、ある研究では学生の1学期間の学習状況を追跡し、「自分は他人より優れている」と感じている学生ほど、良好な成績を修めていることが判明しました。一方で、自身の能力に対して謙虚な学生は、仲間から好かれる傾向にありました。つまり、知的傲慢さには社会的な対人関係にペナルティが伴う側面もあるということです。

謙虚さの重要性

この結果は驚きでした。研究者は当初、知的な謙虚さが成績向上につながると予測していたからです。しかし実際には、そうではありませんでした。謙虚さは重要な資質ではあるものの、知的な謙虚さが直接的に学業成績に影響するわけではないようです。

知的な謙虚さは、科学分野だけでなく一般的な学習にも不可欠です。教室でも職場でも、新しいことを学ぶには、まず自分の無知を認め、それを他者に示すことが大切なのです。そのようにしたいかどうかは個人差がありますが、学び、考えを変化させ、他者の意見を尊重する姿勢こそが、個人や集団の発展と成長に本当に必要なことなのです。

良好な人間関係を築くために

良好な人間関係を築くには骨が折れる努力が求められますが、そのための努力に値する幸せは必ず訪れるはずです。お互いが惜しみなく努力を重ね、問題解決に取り組むことが大切です。傲慢さと謙虚さのバランスを取ることで、実力を発揮しつつ他者とも良好な関係を築くことができるでしょう。