高いIQの自信に満ちたサインとは?

この大胆で自信に満ちたサインは、高い学力と関連しています。

自分の知的能力に自信を持っている人は、実は他の人よりも賢いという研究結果が出ました。

この研究では、知的傲慢さがより高い成績を達成することと関連していました。

知的に傲慢な人は、自分の考えが他の人より優れていると信じている”というような発言に同意する傾向があります。

外向的でグループを支配し、注目の的になりたがる人は、他の人から知的に傲慢であると見られます。

自分を知的に傲慢だと思う人は、自分が何を知っているかを知っていて、それが学業成績の向上につながっているという可能性があります。

学生の学習状況を1学期にわたって追跡しました。

その結果、自分が他人よりも優れていると感じている人は、授業の成績が良かった。

しかし、自分の能力に対してより謙虚な人は、仲間から好かれていました。

つまり、知的な傲慢さは、社会的な人間関係にペナルティを伴う可能性があるということです。

この結果に驚きました。知的な謙虚さが成績向上につながると予測していたのです。

しかし、実際にはそうではありませんでした。
謙虚さは重要な特性です。

知的な謙虚さについて重要だと思うのは、科学だけでなく、一般的な学習にも必要だということで、それは教室でも職場でも、どこでも当てはまります。

新しいことを学ぶには、まず自分が無知であることを認め、その無知を他人に知らしめることが必要です。

そのようなことをしたいと思うかどうかは、人によって明らかに異なります。しかし、学び、考えを変え、他人の意見を大切にしようとする姿勢は、人や集団が発展・成長するためには、本当に必要なことなのです。