高い知性を示す2つの性格的特徴とは?

ビジネス

知識豊富な性格を示す2つのサイン

性格が安定している内向的な人は、一般的な知識のレベルが高いという研究結果が出ています。

この2つの性格的要素は、経験に対してオープンであることと合わせて、人々の一般的な知識を予測します。

一般的な知識(心理学者は「結晶化した知能」と呼んでいます)は、知能の2つの大きな側面のうちの1つです。

一般的な知識は、生まれつきの才能だけでは不十分で、応用力が重要であることから、人生の成功に結びつくことが多いです。

もう1つのタイプは「流動性知能」と呼ばれ、抽象的な推論や脳の働きの速さを意味しています。

この結論は、大学生200人を対象とした調査から得られました。

この調査では、神経質、外向性、経験への開放性、同意性、良心性という性格の5つの主要な側面に関するテストが行われました。

また、一般常識的な質問もされました。

無料カウンセリング受付中/ライザップ

一般的な知識を最も強く予測したのは、人々の認知能力でした。

つまり、脳の働きが速い人は、長年にわたってより多くの知識を吸収しているということです。

しかし、一般的な知識をどれだけ身につけているかは、性格も重要です。

性格が安定していること(非神経症的であること)、内向的であることは、いずれも一般知識の多さと関連していました。

また、「経験に対する開放性」という性格特性と一般的な知識との関連性が一貫して示されています。

経験にオープンな人は、想像力に富み、自分の感情に敏感で、知的好奇心が強く、多様性を求める傾向があります。

年齢が上がるにつれて、一般的な知識がより重要になります。

人生のより高度な段階では、パフォーマンスや達成感は、生物学的根拠に基づいた、内容を含まない、いわゆる「文化を問わない」流動的な能力のテストではなく、結晶化した知能によって最もよく予測されます。

そのため、教育システムが進歩し、後天的な情報や学習したスキルが仕事の成果を決定する上で大きな役割を果たすようになると、予測力は低下する傾向にあるようです。


タイトルとURLをコピーしました