Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

うつ病予防に15分間のランニングがおすすめ!

 

運動によってうつ病リスクが低下することが示されましたが、うつ病は運動量が少ないこととは関係ありませんでした。

1日15分のランニングをするだけで、うつ病のリスクを大幅に下げることができると、遺伝子解析で結論づけられました。

あるいは、約1時間の適度な活動でも同じ働きをします。

しかし、家事や庭仕事を含め、どんな活動でも、うつ病のリスクを減らすためには、何もしないよりは良いでしょう。

科学的に裏付けられた、うつ病にならないための方法

遺伝子解析から得られたものです。

平均して、より多くの身体活動を行うことが、うつ病の発症を防ぐようです。

どのような活動であっても、何もしないよりは良いと思われます。
大まかな計算によると、座っていることをランニングのような心臓に負担のかかる活動の15分に置き換えるか、または中程度の激しい活動の1時間に置き換えることで、うつ病のリスク低下につながる加速度計のデータの平均的な増加をもたらすのに十分であると考えられます。

運動量の増加がうつ病リスクの低下につながることはたびたび指摘されていますが、原因と結果を判断することは困難です。

難しいのは、うつ病の人は体を動かすことが少なくなることです。

では、うつ病が原因で運動量が減るのか、それとも運動量が増えることでうつ病が減るのか。

この問題を解決するために、今回の調査では、遺伝学に基づく別の方法が用いられました。

遺伝データを用いて、運動量が多いとうつ病のリスクが因果的に減少するという証拠を見つけました。

関連する要因が実際に結果を引き起こすかどうかを知ることは、本当に効果のある予防戦略に投資したいと考えている方は、重要です。

新しい結論は、データに基づいており、リストバンドを装着して身体活動量を測定しました。

料金表|女性専用パーソナルトレーニングジム【CREBIQ】

運動によってうつ病のリスクが低下することが示されましたが、うつ病は運動量が少ないこととは関連していませんでした。

現在、遺伝的にうつ病になりやすい人やストレスの多い状況に置かれている人など、さまざまなリスクグループに身体活動が役立つかどうか、またどの程度の身体活動が有効かを調べており、うつ病への回復力を促進する身体活動についての理解を深める必要があります。

【SASALA】新時代の脱毛サロン

タイトルとURLをコピーしました