記憶や学習で脳の働きを低下させる食品とは?

ビジネス

その影響は適切な栄養素で打ち消すことができます。

糖分の多い食事は脳の働きを鈍らせるという研究結果が発表されました。

記憶力も学習能力も、砂糖を多く含む食事によって弱くなっていたのです。

しかし、オメガ3脂肪酸はこの問題に対処するのに役立つことも科学者たちは発見しました。

1日に1gのDHAを摂取すれば、砂糖の悪影響を打ち消すのに十分な量になります。

結果は、何を食べるかが、どのように考えるかに影響することを示しています。

DMM FXは初心者向け

高果糖の食事を長期的に続けると、情報を学び、記憶する脳の能力が変化します。

しかし、食事にオメガ3脂肪酸を加えることで、そのダメージを最小限に抑えることができます。

一部のラットに高果糖液を6週間飲ませました。

別のグループにはオメガ3脂肪酸も与えました。

2つ目のグループのラットは、オメガ3脂肪酸を摂取しなかったラットよりもはるかに速く迷路を進みました。

DHAを摂取していない動物は動きが鈍く、脳内のシナプスの活動が低下していました。

脳細胞同士の信号伝達がうまくいかず、ラットの思考力が低下し、6週間前に覚えたルートを思い出すことができなかったのです。

甘いものの摂取は最小限にとどめるべきです。

果物に含まれる天然の果糖には、重要な抗酸化物質も含まれているので、それほど心配はしていません。

果物に含まれる天然の果糖には重要な抗酸化物質が含まれていますが、それよりも、甘味料や保存料として製造された食品に添加されている高果糖コーンシロップに含まれる果糖の方が問題です。

オメガ3は、しかし、脳の保護に役立ちます。

発見は、DHAを定期的に摂取することで、果糖の有害な影響から脳を守ることを示唆しています。

これは、銀行にお金を貯めるようなものです。

銀行にお金を貯めるようなもので、脳が将来の病気に対抗するために余分な燃料を必要とするときに利用できるよう、蓄えておきたいものです。

理想のカラダの実現、パームスなら2ヶ月29,800円~で叶えます!

タイトルとURLをコピーしました