知的な印象を与える文章の書き方

更新日:
ガガログ編集部

知的で頭の良さそうな印象を与える文章を書くには、どうすれば良いでしょうか。意外なことに、簡潔でわかりやすい平易な言葉を使うことが一番の秘訣なのです。多くの調査で、シンプルな文章の方が読者から知的だと評価される傾向があることが明らかになっています。

単語を難しくするとマイナスに働く

読みづらい難解な言葉を無理に使おうとすると、かえって知的でない印象を与えてしまう可能性があります。長たらしい専門用語や外来語を濫用するのは逆効果で、読者にストレスを与え文章の本質が伝わりにくくなります。

わかりやすい日常的な言葉で論理的に筋道を立てて記述することが、読者の理解を深め、書き手の知性をも高く評価してもらえる近道なのです。

フォントの選択も影響する

さらに、見た目の印象も無視できません。装飾過多で奇抜なフォントは、かえって知的でない印象を与える可能性が高いのだそうです。デザイン性を追求しすぎると、かえって読みにくさを生み、本来伝えたい内容が雲散してしまうリスクがあるのです。

基本的には普通のフォントを使い、禁則処理や行間、文字サイズなども適切に調整することが重要です。見やすく読みやすい設計を心がけることで、知的で分かりやすい印象を醸し出せるでしょう。

技術文書などの例外

ただし、状況によっては難解な専門用語を使わざるを得ない場合もあります。技術文書や学術論文などでは、固有の専門用語を用いる必要がありますし、そうしないと内容が適切に伝わらないことさえあります。

このような特殊な場合を除けば、無理に難しい言葉を使う必要はありません。かえって分かりやすく簡潔に記述する方が、真の知性と専門性が伝わるのです。

学生のあいだでの誤った流行

一方で、最近の若者を中心に文字化けしたデザイン文字やインパクトを狙った奇抜なフォントを使うのが流行しているそうです。しかし、これは文章の知的な印象を大きく損ねかねません。

おそらく、この流行がいかに有害であるかを学生たちが認識していないためだと考えられます。かえって分かりづらく読みづらい文章にしてしまい、知性の印象はかえって下がってしまうことになります。

シンプルが一番の知的文章作成の鉄則

知的で頭の良さそうな印象を与える文章を書くコツは、結局のところ「できるだけシンプルで理解しやすい」ことなのです。専門的な内容であっても、平易な言葉で論理的に説明すれば知的に映るということ。逆に分かりにくい言葉や見にくいデザインにこだわると、知的でない印象を与えかねません。

文章を書く際は、まずは読み手の理解を第一に考え、シンプルであることを心がけましょう。その上で、きちんとした論理構成と情報の精査を行えば、確実に知的で説得力のある文章を書くことができるはずです。

難解な言葉は逆効果?知的でない印象を与えかねない落とし穴

一般に、難解で専門的な言葉を多用することで知的に見せようとする人が多いようです。しかし実際には、かえって不必要に難しい言葉を使いすぎると、分かりにくく知的でない印象を与えかねません。

アメリカの心理学者が行った研究でも、簡潔で平易な文章のほうが、読み手から知的だと評価される結果になったそうです。難解な言葉の濫用は逆効果で、読者を混乱させ、文章の本質が伝わりにくくなるのです。

整理された論理構成と分かりやすい言葉遣いが知性を醸し出す

真に知的な文章を書くためには、まず論理的で整然とした構成を心がけることが大切です。読み手にストレスなく伝わるよう、丁寧な導入と分かりやすい展開、明確な主張と結論を設けましょう。

そして何より重要なのが、平易でわかりやすい言葉遣いです。専門用語は必要最小限に抑え、基本的には日常的でイメージしやすい言葉を使うことをおすすめします。そうすることで、読者の理解が深まり、書き手の知性を高く評価してもらえるはずです。

見た目の印象も意識する!奇抜なデザインはNG

文章の見た目の印象も、知的かどうかを左右する大きな要因になります。装飾や飾り付けが入り過ぎたり、奇抜で目立つフォントを使ったりすると、かえって知的でない印象を与えてしまうリスクがあります。

基本的には読みやすさを追求し、デザイン性を極力抑えた方が無難でしょう。通常のサンセリフ系フォントを使い、行間や文字サイズ、禁則処理にも気を配ると良いでしょう。そうすれば自然と品の良い知的な印象を醸し出せるはずです。

簡潔であることが知性のあかし

このように、知的な印象を与える文章を書くためには、シンプルで分かりやすい表現を心がけることが何より重要なのです。専門的な内容であっても、平易な言葉で論理立てて記述できれば、むしろ知的に映るという実例が研究でも明らかになっています。

逆に難解な言葉やデザインにこだわり過ぎると、かえって知的でない印象を与えかねません。本質が伝わらない稚拙な文章になってしまうからです。知性とは言葉を弄するのではなく、核心を簡潔に的確に伝えることなのです。

頭の良さは決して難解な言葉を使うことではなく、奥の深い考えを分かりやすく伝えることなのです。この鉄則を忘れずに実践すれば、きっと知性と知識を感じさせる魅力的な文章が書けるでしょう。