頭がいいと思われる知的文章の書き方

ビジネス

シンプルでわかりやすい文章を書くと、頭が良く見えるそうです。

読者は、何かを理解するのが簡単だと感じると、書き手がより知的であると推測します。

逆に、長い言葉を無造作に使うと、知的ではないと思われてしまいます。

奇妙なことに、複雑なフォントや変わったフォントを使うことも、知的でないと思われてしまうのです。

普通のフォントを使い、誰もが理解できる日常的な言葉を使う方がはるかに良いのです。

もちろん、技術文書のように、長い言葉が必要な場合もあります。

動画編集スクール【クリエイターズジャパン】

長い言葉を使うことが問題なのではなく、長い言葉を必要以上に使うことが問題なのだということを指摘しておきたいと思います。

不必要に長い単語や複雑なフォントなど、文章を読みにくく、理解しにくくするものは、読者の文章とその著者に対する評価を下げることになります。

大学院の願書、研究要旨、哲学者デカルトの翻訳文など、さまざまな文章を読んで判断してもらいました。

その結果、シンプルな言葉で書かれた文章の方が、より知的であると評価されました。

学生たちの間で、大きな文字や魅力的なフォントを使うことが流行っているのは、こうしたテクニックが裏目に出る可能性があることに気づいていないからかもしれません。

一つだけ確かなことは、できるだけシンプルで平易な文章を書けば、知的だと思われる可能性が高くなるということです。

Webエンジニアの転職なら【転職ドラフト】

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました