第一印象で最も魅力的に感じる性格や特徴とは?

ビジネス

第一印象で、そして長期的に見て、人が魅力的だと感じる特徴とは。

楽観主義者は悲観主義者よりも社会的に魅力的に見られるという研究結果が出ています。

しかし、これはあくまでも初対面でお互いのことを知らない場合です。

長期的な関係では、楽観主義者は楽観主義者同士で、悲観主義者は楽観主義者と悲観主義者の両方とうまくやっていけると言われています。

言い換えれば、楽観主義者は長期的な関係において誰とでもうまくやっていけるが、悲観主義者は他の楽観主義者の気分を害することがあります。
しかし、他の悲観主義者は気にしていないようです。

この結果は、楽観的な人と悲観的な人を描写した一連の物語を読んでもらったものです。

ほとんどの人は、楽観的な人のほうが社会的に魅力的だと感じました。



しかし、自分自身が楽観主義者であった人は、もう一人の楽観主義者をさらに好きになりました。

一方、悲観主義者は、楽観主義者ほどではないものの、悲観主義者よりも好感を持っていました。

また、悲観主義者は、もう一人の悲観主義者に対して、こっそりと好意を抱いていました。

しかし、自分自身の長期的な人間関係を考えると、結果はより微妙なものになりました。

楽観主義者は他の楽観主義者との関係に満足しており、悲観主義者は他の悲観主義者や楽観主義者との関係に満足していました。

楽観主義者は、悲観主義者のパートナーを重荷と感じ、それが関係の質に対する認識に悪影響を及ぼす可能性があります。

興味深いことに、これは悲観主義者には当てはまらず、パートナーを悲観的に認識しているか、楽観的に認識しているかにかかわらず、同じレベルの関係性の質を報告しました。

この結果は、「類似性魅力仮説」と呼ばれる対人魅力に関する心理学的理論を裏付けるものです。

このような類似性引力効果は、態度の分野で特徴的であることが示されています。

類似性魅力仮説は、人は自分と似ている他者を、似ていない他者よりも魅力的だと認識する傾向があると主張しています。

Webエンジニアの転職なら【転職ドラフト】

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました