実は最も人生の成功につながる性格や特徴とは?

ビジネス

この性格特性を持つ人は、精神的にタフです。

普通のナルシストは、成功するための精神的なタフさを持っていることが、明らかになりました。

普通のナルシストとは、平均よりも自己愛が強いが、臨床的ナルシストではない人のこと。

若いナルシストは自己中心的であるが、IQレベルから想像されるよりも試験の成績が良いことが分かりました。

ナルシストは賢くはないが、自己主張が強く、自信があるので、他の部分での不足を補うことができるのです。

ナルシシズムは、社会的に悪質な特性と考えられており、ナルシシズム、サイコパシー、マキャベリズムという性格特性のダークトライアドに含まれています。

これまでの研究では、自己愛が社会的に増加傾向にあることが指摘されていますが、これは必ずしも高い自己愛性を示す個人がパーソナリティ障害であることを意味するものではありません。



研究では、潜在的な、あるいは「正常な」ナルシシズムに注目しました。

潜在的な自己愛には、臨床症候群と同じ特徴である、壮大さ、権利、支配、優越感などが含まれます。

ナルシストの人は、自分が誰よりも優れていて、報酬を得る資格があると強く信じています。

自分の能力に自信を持つことは、壮大なナルシシズムの重要な兆候の一つであり、メンタルタフネスの核心でもあります。

精神的にタフな人は、挑戦を受け入れ、それを自分の成長の機会と捉えることができるのです」。

メンタルタフネスが鍵を握ると考えています。

潜在的ナルシシズムのスコアが高い人は、自己価値観が高まることで、特定の状況下でより意欲的、自己主張的になり、成功しやすくなるので、有利になるかもしれません。

潜在的な自己愛がメンタルタフネスを高める可能性があることが示されています。

メンタルタフネスのスコアが高ければ、プレッシャーのかかる多様な状況でも最高のパフォーマンスを発揮できることを意味します。

ナルシシズムについて、よりニュアンスのある方法で考えるべきだと言います。

社会的にナルシシズムをどのように捉えているかを再考することが重要です。

感情や性格を悪いもの、良いものとして認識していますが、心理的特性は進化の産物であり、悪いものでも良いものでもなく、適応的なものでも不適応なものでもあります。

従来の社会的道徳を拡大して、人間の本性のすべての表現を含み、祝福すべきなのかもしれません。



お気に入り
タイトルとURLをコピーしました