格安SIMでよく聞く【MVNO】と【格安スマホ】は何の意味?

mvno格安SIM

格安SIMや格安スマホを探しているとMVNOという言葉が出てきます。
見たことある方も多いと思いますが、意味が分からないという方、検索されている方が多いですので、意味をご説明します。

MVNOとは?

【MVNO】の意味ですが、格安SIMを提供している事業者のことをMVNOと言います。
NTTドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアである大手携帯電話会社に通信回線を借りて、自社サービスとして格安SIMを提供しています。

MVNOの略称と意味

【MVNO(エムブイエヌオー)】は「Mobile Virtual Network Operator」の略称です。
日本語で「仮想移動体通信事業者」。他社から借りてサービスを提供する格安SIMの事業者が増えています。
インフラを借りて、映像コンテンツやオプション、様々なサービスをMVNO事業者は、追加しています。

MVNOが安い理由

インフラを必要な分だけ借りているので、キャリアに比べて、格安でサービス提供できるのが特徴です。
品質や対応エリアもキャリアと同じです。ドコモ回線を借りている場合は、ドコモ回線と同じ。
だから、格安SIMの利用者がしています。格安SIMでもiPhoneを利用出来たり、SIMフリーのスマホもAmazonなどで手に入りやすくなり、解約手数料や違約金も安くなったこと、NMPで番号も変わらないのも利用者が増えた要因で、格安SIMを提供する会社も増えました。

格安スマホの使い方

格安スマホは、スマホ本体に格安SIMを入れるだけで使えます。SIMカードを契約して、差し替えるだけです。
MVNOの場合は、ドコモのネットワーク回線の場合が多いです。

格安スマホとは?

格安スマホの通信スピードや対応エリアは、格安SIMで料金が安いからと品質が落ちるわけではなくて、ドコモの回線で料金が安い、さらにサービスが良かったりします。格安SIMにすることで月々の料金を4分の1以下に減らせると言われています。

SIMフリースマホと格安SIMで格安スマホになります。