Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

ADHDの母親になるには?

社会的な要求から、精神的な負担や整理整頓の難しさから、ADHDの母親はイライラすることがあります。

ADHDの母親になるには?

注意欠陥多動性障害(ADHD)は、神経生物学的な起源で、集中、計画、整理することが非常に困難であることを示す状態です。

しかし、必ずしも同じように表現されるわけではなく、状況によって、患者さんに大なり小なりの不都合をもたらすことがあります。その意味で、ADHDのお母さんにとって、子育てはかなり大変なことなのです。

子どもの場合は、動くことが最も特徴的なサインで、小さな子どもはじっとしていられないという印象を与えます。

しかし、社会的な規範を身につけた大人の場合は、また違った形で困難を示します。指の間を砂が通り抜けるように時間が過ぎていくような感覚を持つことが多いのです。

ADHDについて語るとき、直接子ども時代と結びつけて考えます。しかし、人生のある時点で、これらの幼児は大人になり、障害が魔法で消えるわけではありません。しかし、困難さは変化します。

同時に、性別も、男女に差のある影響を与える決定要因となっています。一般に、男性は「動いている」ことが社会化されており、スポーツなど体を動かすことに向けられることが多いようです。

一方、女性はより穏やかで、より「静」であり、他のより静的なタスクに集中するように社会化されています。

さて、性別の変数はすでに考慮しましたが、さらに進んで他の生活環境を振り返ると、母親業で何が起こるかが浮かび上がってきます。母親であることは、一般的に、ADHDの人にとって困難なことの多くを必要とする、独自の課題をすでにもたらしています。では、ADHDの母親であることは、どのようなことなのでしょうか?

娘たちがソファで枕投げをしている間、パソコンで仕事に集中するのに苦労している母親。
母親としての要求に対処することは、それだけで大きな挑戦です。しかし、ADHDの母親は、二重の精神的負担を背負っているのです。

ADHD(注意欠陥多動性障害)を持つ母親たち

なぜ、母親業と多動性との関連について言及することが重要なのでしょうか?母親がしばしば罪悪感に永久に対処していることを可視化し、理解する必要があるからです。

自分自身の問題だけでなく、社会が母親に対して、良い母親、成功した職業人、非の打ちどころのない女性、いつも完璧な家、いつも上機嫌であることを要求しているからです。そのすべてが一緒に、同時に。

このように、女性には多くのことが要求されます。そして、その母親たちがADHDとも共存しているとなると、その経験は非常にフラストレーションのたまるものになります。

さらに、このようなお母さんたちを襲う二重の精神的負担が、症状の経過を複雑にしているのです。

多くの場合、女性は母親業をする際に不安障害やうつ病と診断されることが多いようです。これはADHDが未治療のまま放置されていることになり、間違いなのです。

このため、医療専門家がこの症状の典型的な症状を探る際に、ジェンダーを考慮することが極めて重要です。

自分は興味があるかもしれません。
ADHDの子どもは、ADHDの大人になるのでしょうか?

ADHDを持つ母親のための推奨事項

ADHDを持つ人が母親としての役割を果たすために役立つ方法をいくつか紹介します。

子育ての責任を分担する

家庭で家族全員が幸せになるためには、恋人や結婚相手との共同責任が不可欠です。子どものスケジュールを把握したり、料理をしたり、買い物をしたりするのが自分だけでないことが大切です。

ADHDは計画性と集中力に大きな影響を与えるので、頭の中で常に何千もの活動が行われていると、すべてが二重に難しくなり、いくつかは道草に終わってしまうです。

ですから、サポートネットワークを持つことは、家庭の壁をはるかに超えることになります。叔父、叔母、友人など、信頼できる人に任せたり、助けを求めたりすることも大切です。

自分を大切にする

女性は他人の世話を焼くように社会化されています。幼い頃から、他人の世話をすることができれば、私たちは価値があるというメッセージを受け取っています。

しかし、このメッセージの中で見落とされているのは、他人の世話をするのと同じくらい、自分の世話をすることも大切だということです。

時には、休息や遅れを取り戻すこと、健康診断の受診など、自分のための時間を確保することが必要です。ですから、自分のことを第一に考え、健康に気を配り、休養をとり、治療を中断しないことが何よりも大切です。

ADHDは遺伝的な負荷が高いので、お子さんに関しても必要な調査ができるよう、かかりつけの小児科医と相談することを忘れないでください。

一緒に子育てをすることで、親の精神的、肉体的、感情的な負担を軽減することができます。両親のどちらかがADHDである場合、これは不可欠なことです。

自分を信じ、自分らしさを大切にする
ADHDの母親は、何事にも対応できない、活動に間に合わないという気持ちから、感情の起伏を感じながら生活していることがあるので、感情と向き合うことはとても大切です。

しかし、これはADHDだけに起因するものではありません。日常生活の要求は過剰であり、多くの場合、それらを両立させようとします。ADHDの母親は、二重の負担を感じることがあります。

難しいことですが、ADHDは質の高い生活の妨げになることはありません。しかし、居場所を与え、ケアをし、それが喚起する感情に働きかけ、特に、罪悪感に対処することを学ぶことが必要です。

さらに、自己認識と自分自身の受容は、介入を少しでもうまく導くために、自分自身の長所と短所を明らかにするのに役立ちます。

最後に、母親の身近な人たちの協力がとても重要で、そのためには、ADHDの母親であることを理解するために、手を貸してくれる人たちにきちんと情報を提供することが必要です。

あわせて読みたい
    error:
    タイトルとURLをコピーしました