Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

窒息の危険がある4つの食品とは?

喉に詰まらせる危険性があり、幼児に与えてはいけない食べ物がたくさんあります。どんなものがあるのか、ご紹介します。

補完食を始めるための6つの食品

うちの子は食べ物が嫌いです。どうしたらいいですか?

補完食についてよくある4つの疑問
食べ物には窒息の危険性が高いものがあります。したがって、子どもの嚥下反射が完全に機能するようになるまで、特別な注意が必要です。喉に詰まらせる危険性のある食べ物を与えると、子どもの命が危険にさらされる可能性があります。

この問題で失敗しないためには、補完給食における食品導入の表をよく読んでおくことが望ましいです。

また、「危険な」食品については、その表示や調理法を工夫して、完全に食べられなくなることがないようにしましょう。この時期の栄養やエネルギーの不足は、子どもの体や健康に影響を与える可能性があることに留意してください。

喉に詰まる危険のある食品

補完給餌は学びの時です。料理の世界との最初の接触であり、健康的な習慣への入り口でもあります。

乳児に手を動かして実験させ、自分の味や好みを自分で発見させることは、とてもよい刺激になります。しかし、食事の準備にも、子どもに食事を提供するときにも、親や保育者は多くの注意と献身、そして存在感を必要とします。

以下に、窒息の危険性が高い食品をいくつか紹介します。これらの多くは、事故を防ぐために4~5歳までは与えない方がよいとされています。しかし、その他の食品は、調理方法や提供の仕方を工夫すれば、食事に取り入れることができます。注意しましょう。

1.丸ごとナッツ

ナッツ類は、健康維持に欠かせないタンパク質や脂肪をいくつか含んでおり、非常に質の高い食品です。後者のうち、オメガ3系オイルなどは、循環器系の働きに寄与し、炎症を抑えることが分かっています。

しかし、ナッツ類はその有機的な特性から、喉に詰まりやすくなっています。硬い食物のため、口の中で噛み砕くことが難しく、扱いにくいのです。特に、乳幼児の口の中のことを考えると、なおさらです。

ナッツの栄養を損なわずにこの問題を回避するには、ナッツクリームなどの適切な調理法を工夫するか、ナッツをすりつぶしてその粉をプリンやケーキに混ぜるとよいです。

ナッツ類にはアレルギーがあるため、赤ちゃんの食事に取り入れるには注意が必要です。ナッツを取り入れる前に小児科医に相談し、最適な方法をアドバイスしてもらいましょう。

2.グミ

グミやチューインガムは、その大きさや硬さ、食感から、小さなお子さまが喉に詰まらせてしまう可能性があります。また、栄養素の面では何のメリットもない製品です。むしろ、単糖を過剰に含んでいるため、頻繁に摂取すると代謝性疾患のリスクが高まります。

おすすめするのは、できるだけ避け、お子さんに与える場合は、摂取している間、常にお子さんを監視することです。

3.生のニンジン

調理されていない状態で提供される食品は、小さな子どもが飲み込む前に簡単に噛めるよう、柔らかいものであるべきです。

生のニンジンやリンゴ、硬い肉など、食べ物の中には、口の中の構造を調整し、食べ物の塊を精巧に作るために大きな筋肉労働を必要とするものがあります。そのため、子どもたちは疲れてしまい、早々に飲み込もうとして、食べかすが気道に入り込む危険性が高くなります。

また、肉類は繊維質の少ない柔らかいものを選びましょう。

4.ぶどう

果物は最初から食事に取り入れることが推奨されています。しかし、中には丸かったり、小さかったり、中に種があったりして、喉に詰まらせる危険性があるものもあります。例えば、ブドウ、エンドウ豆、プチトマトなどです。

この問題を避けるために、皮をむき、真ん中をカットし、種がないものを提供することができます。

窒息の危険がある食品に注意しましょう
これまで見てきたように、窒息の危険がある食品は数多くあり、子どもの健康を危険にさらすことのないよう、注意が必要です。食品によっては、避けるか、口の中で正しく扱えるようになるまで適応させた方がよいです。

最後に、体の機能を正常に保つことを目的とする場合、新鮮な食品を中心とした多様で完全な食事パターンを考慮する必要があることを心に留めておいてください。これらの食品には質の高い栄養素が含まれており、お子さんの発育と発達に思った以上に効果があります。

あわせて読みたい
    error:
    タイトルとURLをコピーしました