Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

親が必要とする新生児の必需品7選

出産後に赤ちゃんに会うとなると、2つの感情があります。ワクワクする気持ちと、緊張する気持ちです。後者については、すべての親が必要とする新生児の必需品をシリーズでお届けします。

すべての親が必要とする7つの新生児必需品

9カ月という長い期間を経て、いよいよ赤ちゃんと対面する時がやってきました。赤ちゃんが快適に、そして安全に過ごせるように、すべての親が必要とする新生児用品のリストをご紹介します。

新生児に必要なもの

1 – ベビーベッド

新しい親なら、これはあまりにも当たり前のことに聞こえるかもしれません。しかし、数カ月前からベビーベッドを選び、用意しておけば、部屋の中で快適で、アクセスしやすく、安全な場所を見つけ、赤ちゃんを受け入れる準備ができます。

多くの赤ちゃんは、お母さんの近くにいるとよく眠ります。しかし、事故が起こる可能性があるため、同じベッドでの添い寝を推奨していません。ですから、最初の数週間から数カ月間は、ベッドの近くに置けるベビーベッドがあれば、夜中に赤ちゃんが目を覚ましたときに部屋まで移動する手間が省けます。

2 – 適切な衣服

そこでおすすめなのが、ベビーワンピ。この衣服は保温性に優れ、赤ちゃんの動きを制限しないので、特にまだ不随意反射があるこの時期には最適です。最も重要なのは、服を脱がせることなく、簡単におむつを交換できることです。

3 – 衛生用品

綿棒、コットンディスク、ウェットティッシュ、マイクロファイバークロスなど、赤ちゃんを清潔に保つために低刺激性の製品を購入することが不可欠です。へその緒を切った後は、体液が漏れやすいので、その部分を清潔にしておく必要がある場合もあります。

新生児の肌は非常にデリケートで、刺激を受けやすいので、研磨剤や肌触りのよい布地は使わないようにしましょう。

4 – オムツ

生後3ヶ月の赤ちゃんは、1日に平均8枚のおむつを必要とすると言われています。そのため、セールを利用して、いざというときのためにストックしておくとよいです。

その間、赤ちゃんは成長し、時間の経過とともにおむつのサイズも変わってくるので、20日分必要なものを計算しておくとよいです。

5 – 小さなバスタブ

最初の1年間は、少なくとも週に2~3回は赤ちゃんをお風呂に入れたほうがよいです。そのためには、赤ちゃんがより安心して入浴できるバスタブが必要です。

目や口、鼻、耳などに水が入らないよう、赤ちゃんの体をコントロールできる浴槽が理想的です。浴槽の形が曲線的で、中に挿入口があるものを選ぶと、赤ちゃんが正座しやすくなります。

6 – 幼児用オムツ替え台

最初の数カ月は、赤ちゃんのニーズに合わせて、すべてが混乱しているように見えるのが普通です。そのため、急いでいるときに、家の中で最も即席の場所で赤ちゃんのおむつを替えることになることがよくあります。ベッドやソファ、あるいはテーブルなどです。

また、二重の意味で気を遣うかもしれませんが、衛生面で集中できるよう、快適で安全な場所がベストなのです。

7 – 抱っこひも

万能タイプの抱っこひもは、シートベルトを締めて車に乗せることもでき、必要な安全性を確保して移動することができます。赤ちゃんにはまだ不随意反射があるので、無防備な場所に放置すると事故を引き起こす可能性があることを忘れないでください。

子育てに100%の準備はできませんが、これらの新生児の必需品があれば、どんな状況でも数歩先んじることができるはずです。いずれにせよ、あっという間に過ぎていくこの時期を楽しむことを忘れないでください。

あわせて読みたい
    error:
    タイトルとURLをコピーしました