Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

子供がかんしゃくを起こしそうな怒っているサインとは?

かんしゃく

かんしゃくは子どもの発達の一部です。しかし、このようなエピソードとその原因を理解すれば、多くの場合、かんしゃくを起こさせないようにすることができます。子どもがかんしゃくを起こしそうなときのサインについてご紹介します。

子どもがかんしゃくを起こしそうなサイン

子どもがかんしゃくを起こしそうなときには、いくつかのサインを確認することができます。そのサインに気づくことができれば、かんしゃくを防ぐ努力もできるようになります。

かんしゃくの最中に子どもをサポートすることは、親が直面する最も大きな課題の一つです。すべての子どもがかんしゃくを起こすということは、子どもの精神的な危機の瞬間ということです。

お子さんがこのような難しいエピソードを経験しているとき、自分はイライラしたり、絶望的になったりしがちですが、それは心配するほどのことではありません。このようなときに最も重要なことは、かんしゃくは子どもの発達の正常な一部であることを理解することです。

親は、子供が自分を困らせたり怒らせたりするためにわざとかんしゃくを起こすのではないことを理解することが基本です。かんしゃくを起こすのは、感情的に圧倒され、内的バランスを回復するために自分の慰めと指導が必要であることを、行動で示す方法です。

子供の行動を改善するためには、自分の対応が大きな役割を果たします。

かんしゃくは誰のせいでもない

お子さんがかんしゃくを起こしているとき、自分はしばしば、この状況はすべて自分のせいであると感じるかもしれません。しかし、そうではありません。かんしゃくは、子どもの発達の正常な一部です。自分が悪い親だから、あるいは自分が何か間違ったことをしたから、癇癪が起こるのではありません。

幸いなことに、子どもの感情的な危機のほとんどは、その前にいくつかのサインがあります。これらの赤信号は、自分の子供がかんしゃくを起こそうとしていることを明らかにします。以下では、かんしゃくにつながる最も一般的な兆候について詳しく説明します。兆候を見逃さず、かんしゃくの発生を未然に防ぐことができます。

お子さまがかんしゃくを起こしそうなサイン

子どものかんしゃくにはどんな要因があるのでしょうか?
子どもがいつでもかんしゃくを起こしやすくなる要因には、いくつかあります。

空腹。大人と同じように、小さな子供もお腹が空きます。健康的で満足のいくおやつを用意し、子どもがもっとエネルギーを必要とするときを予測することは、かんしゃくを防ぐのに非常に役立ちます。

疲労と倦怠感。お子さまが疲れていると、コミュニケーションや、困難な状況での理性的な判断に支障をきたします。
誘惑。お腹が空いているときにお菓子売り場に連れて行き、お菓子を買ってあげないのは、間違いなく失敗のもとです。

子どもがかんしゃくを起こしそうなとき、どんなサインに気をつければいいのでしょうか?
では、子どもがかんしゃくを起こしそうなときの具体的なサインをお話しします。そうすることで、未然に防ぐための行動をとることができます。

かんしゃくの前には、コミュニケーションに問題があることが多い
多くの場合、子どもは自分の気持ちを表現したり、明確に理解したりする能力がないために、怒ります。もし自分の小さな子供が、自分の意見を表現したり、欲しいものを要求したりするのに苦労しているのに気づいたら、癇癪を起こすかもしれません。ですから、自己表現ができるように助けてあげることが必要です。

欲求不満の身体的なサイン

子どもがイライラしておもちゃを叩いたり、物を投げたり、手を上げたりし始めたら、嵐がやってきそうです。イライラが始まると、子どもの体に影響が出始め、限界に達していることが明らかになります。

子どもはかんしゃくを起こす前によく声を出します。
子どもが声を荒げるようになったら、感情的になっている証拠かもしれません。怒りや不満などを表現するために大声を出し始めたら、かんしゃくを起こさせないようにするために、自分が介入する必要があるかもしれません。

子どもがかんしゃくを起こしそうなサイン

物や人をたたいたり蹴ったりする
叩いたり、蹴ったり、噛んだりすることは、幼児期にはよくあることです。これは、コミュニケーション能力が限られている子どもたちが、他の子どもたちとの相互作用によって行動することを学ぶための方法なのです。

このような行動は、子どもが自分の欲しいものを手に入れるのに苦労している、あるいは他の子どもの行動を止めようとしていることの表れです。その結果、子どもは自分の限界を超えたと感じてしまうのです。

かんしゃくを起こす前の子どもの注意力の低下

子どもが長時間、注意力を発揮できることを期待してはいけません。しかし、自分が逆に指示をしている時に、子どもが明らかに集中力を失っていると、フラストレーションが大きくなっていきます。

気をそらす方法を使い、小さなお子さんがもっと面白いと思う活動を見つけられるようにしてあげましょう。そうすれば、差し迫った危機を防ぐことができるはずです。

コントロールできない感じ

大人が自分の状況をコントロールできると安心するのと同じように、子どもも自分の状況をコントロールできないと落ち着きません。小さな子どもは、選ぶ権利がない状況に置かれると、コントロールしがたい感情を抱くようになります。そして、遅かれ早かれ、起こしてしまうかもしれません。

また、小さなお子さまが情緒不安の結果、緊張して泣いたり、何度も繰り返したりすることもありえます。また、日常生活の中で予期せぬ変化に直面し、不安になることもあります。これらはすべて、お子さまが癇癪を起こしそうになっているサインです。

あわせて読みたい
    error:
    タイトルとURLをコピーしました