Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

赤ちゃんが親指をしゃぶるのは良いこと?注意点について

2歳くらいまでの子どもは、手を口に当てるという反射があります。でも、赤ちゃんが親指をしゃぶるのはいいことなのでしょうか?

生まれてから2歳くらいまでの子どもによく見られる反射として、指を口に入れてしゃぶるというものがあります。この行動の理由は、いくつかの要因に起因しています。

小児科医や歯科医によると、習慣化しない限り、この行為は赤ちゃんにとって何の危険も伴わないそうです。

赤ちゃんが親指をしゃぶるのは良いことですか?

答えはイエスです。まず最初に、この行為が完全に正常であることを確認する必要があります。

親指をしゃぶることには、いくつかの要因があります。最初は、赤ちゃんが手を口に近づけるたびに、反射的に親指をしゃぶっています。

生後5~6ヶ月目からは反射的に吸わなくなります。

最後に、子どもが親指をしゃぶる3つ目の理由は、長い目で見ると、なかなか捨てられない習慣が身についてしまうからです。その理由は、子どもは安心感や落ち着き、リラックス、そして眠りにつくために親指をしゃぶるからです。

これは、多くの子どもが生まれたときから持っている反射神経で、場合によっては、胎内でもそうしているとさえ言われているのです。

親指しゃぶりの効用

さて、なぜ親指をしゃぶるのか、その理由はもうおわかりですね。赤ちゃんが親指をしゃぶることは良いことなのでしょうか?親指をしゃぶることの利点については、次のようなことが挙げられます。

親指をしゃぶる子どもは、寝つきが悪くなることが少ない。その結果、夜、眠りを妨げられることなく、よりぐっすり眠れるようになります。
ストレスがたまりにくい。恐怖を感じたり、親がいなくなって悲しい思いをしたとき、親指をしゃぶるとすぐに落ち着くことが分かってきています。
また、親指をしゃぶることで「お腹がすいた」「眠い」という意思表示をすることができるので、大人は赤ちゃんが今何を必要としているのか把握することができます。

親指しゃぶりの注意点

親指しゃぶりには、幼児にとっていくつかの利点がありますが、衛生面ではいくつかの点に留意することが重要です。

第一に、ハイハイする年齢の子どもは、親が体を洗うのに気をつけなければなりません。

第二に、親指しゃぶりをあまり頻繁にすると、爪や甘皮の形が変わってしまうことがあります。

第三に、親指しゃぶりをやめさせるのは難しいということです。

最後に、歯科医は、遅くとも5歳までに子どもの親指しゃぶりを止めさせるよう、親にすすめていることを知っておいてください。

あわせて読みたい
    error:
    タイトルとURLをコピーしました