Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

子どもの知的能力が高いことを示す11のサイン

子供の高い知的能力を早期に発見することで、その学習を抑制し導くことが可能になります。

子どもの高い知的能力に関する11のサイン

どう解釈していいかわからない行動。注意力散漫、集中力欠如、退屈?
診断が混乱すること。注意欠陥多動性障害(ADHD)か、子どもの高い知的能力か?
結果はいつも同じで、親は自分の子どもに何が起きているのか、どうすればいいのかわからない。

その答えを見つけるには、専門家の指導と評価が必要です。
しかし、子どもの高い知的能力を示すサインとは何なのかをご紹介します。

子どもの高い知的能力とは?

高い能力を持つ赤ちゃん
高い知的能力には、生まれつきの才能、英才、天才が含まれます。
知能の定義は、昔からかなり複雑です。高い知的能力(HIA)のような特殊な現象に言及する場合は、なおさらそうです。

HIAの場合、1つ以上の領域またはスキルにおいて平均以上(約10%)の知能を持つと定義されています。

この分野の専門家が定義する領域HIAは、必ずしも学業成績の良さを意味するものではありません。

この状態を早期に診断することの重要性は、教育戦略を方向付ける可能性にあります。

したがって、このような子どもたちに何が起こっているかを知り、理解することは、充実した人生を楽しむために必要なバランスと心の安らぎを取り戻すのに役立ちます。

子供や赤ちゃんの高い能力を示す11のサイン

高い能力を持つ子どもたちは、他の子どもたちよりも早く進化のマイルストーンを達成することが特徴であるとまとめることができます。

子どもがHIAであることを自覚できる指標をいくつか挙げてみましょう。

なかなか寝ない赤ちゃんや子供たちです。疲れを知らないので、睡眠を必要としていないようです。
何もかもが物足りないようです。動いたり、探検したり、不思議に思ったり、質問したりすることが必要です。常にアクティブです。
最初の数カ月ですでに、相手の視線は注意深く、まるで突き刺すように、見るものに吸い込まれていくように見えます。

ベビーベッドや車の中にあるおもちゃで簡単に興奮し、活発になります。
特定の場所や人、音などを記憶することができます。

幼いうちに言葉を覚えるので、文字や文章を読む力も身につきやすい。
例えば、1歳で会話ができるようになり、就学時には他の子どもたちよりも早く、多くの子どもたちが読み書きをすることができるようになります。

文字や数字にも幼い頃から興味を持ちます。この学習は独学で行うことも可能です。
社会性の面では、リーダーとして行動できるケースもあります。

しかし、情緒の成熟と認知の成熟が必ずしも一致しないため、孤立しがちなケースもあります。
落ち着きのない赤ちゃんですが、すぐにハイハイや歩行を覚え、運動能力も早期に発揮されます。

におい、音、味にとても敏感です。また、非常に感情豊かです。幼い頃から社会的、哲学的、複雑な話題に関心を持つ。
大人の手をあまり借りずに、自分ひとりで行動する傾向がある。問題は、相手にとって新たな挑戦となることが多い。

赤ちゃんの高い知的能力のサインに直面したときの対処法

親になると、私たちは、いつも知らない、困難な状況に直面します。
どの家庭にもあるわけではなく、相談もできないような状況にも。

子どもが”エンドレス”で、何事にも満足しないとき、きっと悩むことです。
最初は、多くの人が、それは段階的なものであるとか、その子はとても要求が多いのだと考えるです。
時が経ち、さまざまな専門家に相談することで、ADHDという診断が下されることもあります。
さまざまな治療が始まり、時には薬物療法も行われますが、それでも、望ましい方向に変化は進みません。

ですから、疑問があるときは、家庭で観察していることを説明する適切な答えが見つかるまで、親が相互相談することが重要です。親は、自分たちが日常的に見て経験していることを、専門家に最もうまく説明できる人たちなのです。

なぜ、確実な診断が必要なのでしょうか?
なぜなら、これによって専門家は適切なケアを提供できるだけでなく、子どもやその家族によりよく寄り添い、封じ込めることができるからです。

適切な診断があれば、子どもたちのフラストレーションや不快感、退屈を避けることができます。
また、教育的な戦略を適応させ、学校生活を共にすることが可能になります。
また、このような子どもたちが持っているすべての可能性を問題にしてしまうことを防ぐことができます。

あわせて読みたい
    error:
    タイトルとURLをコピーしました