Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

幼少期に英語を学ぶべき7つの理由とは?

子供の頃に英語を学ぶことは、無限の可能性を広げ、多くのメリットをもたらします。

幼児期に英語を学ぶべき7つの理由

幼少期に英語を学ぶことの重要性についてご紹介します。母国語以外の言語を学ぶことの重要性は、誰もが耳にしたことがあるはずです。仕事の機会、発達上の利点、そして異文化との交流により、私たちは世界に対する視野を広げ、より広い理解を持つことができるようになります。

私たちはグローバル化した社会に生きており、テクノロジーの進歩とメディアのおかげで、数十年前には想像もできなかったような生活様式の相互関係を指し示しています。 だからこそ、この革命的なプロセスに参加するために、ある種のスキルを維持することが不可欠なのです。

世界は今、グローバルな意識を持っている

この新しい世界構想の中で、英語はグローバルに普及し、新しい改革の一翼を担う有用な言語として戴冠しました。

今や競争はより厳しくなり、自由に使える多くの学習ツールがあるにもかかわらず、多くの人が幼少期に個人の英語教師と共にこれらの勉強を始めなかったことを後悔しています。

このようなシナリオに備え、新しい言語を学ぶことで得られるあらゆるメリットをお子様に与えたいとお考えなら、幼少期に英語を学ぶべき理由をすべてまとめてみましょう。

1 – 幼少期の英語学習は、記憶力やその他の認知能力を発達させる

「脳は決して休まることがない」と言います。それは常に接続を作成し、私たちは何かを覚えて助けるために情報を受信します。「強化し、排除し、構築し、破壊する。これが私たちの記憶の形成方法です。

この脳の可塑性は、幼少期、特に最初の7年間に高まります。この時期、子どもたちは経験と模倣に基づいて母国語を学びます。そのため、この年齢から英語の勉強を始めることで、子どもの発達を高め、脳の可塑性を長期的に維持することができるようになるのです。

2 – 問題解決能力の向上

新しい言語を勉強するとき、子どもたちはある問題に遭遇します。知らない言葉、表現、異なる文脈、これらの状況は、子どもが正しくコミュニケーションするために問題解決を強いられることになります。

2つの言語を学ぶ子どもは難しい状況をうまくコントロールできるため、一般的に問題を解決するのに役立つと結論づけています。

3 – 社会化スキルの向上

英語のレッスンを受け、それを実践することで、子どもは自分の言葉や表現方法にもっと注目するようになります。その結果、共感力や人と関わる力が養われ、表現力が豊かになります。

4 – 語彙と発音を向上させます。

模倣学習の段階で第二言語が発達することで、お子様の言語能力が向上し、正しい発音を維持したまま、アクセントのない複数の言語を完璧に話すことができるようになります。

5 – 自己主張のできるコミュニケーションの向上

子供の頃から第二言語として英語を学ぶことで、より広い語彙の世界にアクセスでき、自分の考えをよりよく理解し伝えることができるようになります。そのため、長い目で見れば、自分の感情を上手にコントロールし、感情的な知性を身につけることができるのです。

6 – 集中力とマルチタスク能力の向上

子供の頃から言語を学ぶと、異なる言語を体系化し、分離するための優れた集中力を身につけることができます。

2つの異なる言語を同時に理解するこの能力は、同時に複数の仕事を処理するのに役立ちます。さらに、学校での成績も向上します。

7 – 読解力が高まる

バイリンガルの子供を育てるための方法を通じて言語の幅を広げることで、文章を深く理解し、その分析力を高める理解力を身につけることができます。また、文章を書く力がつき、物語の表現形式を深めることができます。

このように、英語の最大のメリットは、コミュニケーション能力の育成にあるのです。

現在、多くの学校で、英語は教科として提供されています。しかし、場合によっては、あまりにも基礎的な内容になってしまい、子どもたちがきちんと抽象化できるような没個性的な言語体験が得られないことがあります。

お子さまの経験をより良いものにするために、お子さまの悩みを完璧に解決してくれる個人授業もあります。プライベートな英語の先生は、英語を上達させ、練習させることで、英語を自分の言葉の一部とすることができます。

そのおかげで、言語を学ぶ際に最大のアドバンテージを得ることができるのです。バイリンガルの頭脳、そして、英語を翻訳する頭脳ではなく、英語を学ぼうとする頭脳を得ることができるのです。



あわせて読みたい
    error: