他の人よりも240倍長く続く感情とは?

恋愛

平均4日で終わる感情とその理由とは?

悲しみは感情の中で最も長く続くものです。ある感情が他の感情よりもずっと長く続く理由がわかりました。

イライラ、恥ずかしさ、驚き、退屈などの感情と比較すると、悲しみは他の感情よりも長持ちします。

悲しみは死別など、人々の人生に長期的に大きな影響を与える出来事と関連している傾向があることが分かりました。

反芻は、ある感情が他の感情よりも長く続く理由の中心的な決定要因です。

反芻のレベルが高い感情が最も長く続きます。

持続時間の短い感情は、一般的に(もちろん常にではありませんが)、比較的重要度の低い出来事によって誘発されます。

一方、長く続く感情は、非常に重要なことに関するものである傾向があります。

この結果は、感情的な経験を思い出し、それがどれくらい続いたかの調査から得られたものです。

それぞれの感情が平均してどれくらい続いたかを示したものです。

感情
極端に言えば、嫌悪感や羞恥心は30分以内に終わる傾向があるのに対し、悲しみは平均120時間も続きました。

一方、「退屈」は2時間程度で終わる傾向にありますが、当然ながらもっと長く感じられます。

また、感情には興味深いパターンがあります。

例えば、「恐怖」は短時間で終わる傾向がありますが、「不安」はより長く続きます。

同様に、羞恥心はすぐに消えますが、罪悪感はずっと残ります。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました