左利きと右利きで分かることや特徴、メリット!

恋愛

右利きの偏見、左利きの利点、利き手と精神疾患など。

約10%の人が左利きですが、その理由はまだよくわかっていません。

実は、地球上の種の中で利き手があるのは人間だけなのです。

長い間、左利きは幼少期の深い障害の反映であると考えられてきました。

ありがたいことに、今ではよくわかっていますが、それほどでもありません。

左利きは遺伝すると考えられてきましたが、その根拠は薄いのです。

しかし、右利きと左利きについて言えることは、その違いが心や脳の奥深くにまで及んでいるということです。

1. 右利きの偏見
左利きの人は、差別された世界に生きています。

すべてが右利き用に設定されています。

それは、脳の中の右と左という概念にまで及びます。

右は正しく、左は間違っていると言ってもいいかもしれません。

テストしてみると、人は右手にあるものは良いもの、左手にあるものは、正しくないものを連想することがわかりました。

しかし、右利きの人の腕を後ろで縛ると、すぐに態度を変えてしまいます。

2.スポーツにおける左利きの優位性
左利きであることは、スポーツではかなり有利です。

通常、左利きが有利になるのは、あまり協調性を必要としないスポーツです。

野球、ボクシング、アイスホッケー、フェンシング、卓球などは、最高レベルでは左利きの割合が非常に高いスポーツです。

例えば、野球では、一流選手の50%以上が左利きです。

サッカーのように人と人が協力しなければならないスポーツでは、左利きであることの利点はあまりありません。

3.右利き、左脳派
約95%の人は左脳型です。

脳は体と相互に配線されていることを覚えておいてください。

つまり、脳の左側が体の右側をコントロールしているのです。

また、左脳型の人は、言語中枢が左脳にあります。

しかし、すべての左利きの人が逆に右脳に言語中枢を持っているわけではありません。

左利きの人の中には、まだ左利き用の脳を持っている人もいます。

4.顔を認識する
左利きの人の脳は、おそらく、私たちがまだ知らないあらゆる種類の魅力的な方法で異なっています。

ひとつわかっていることは、左利きの人は、脳の両サイドを使って、ある人と別の人との違いを判断するということです。

一方、右利きの人は、右脳で顔を処理します。

左利きの人は日常的に神経画像研究から除外されているので、これはおそらく氷山の一角に過ぎません。

脳が違うので、結果を台無しにしてしまうからです。

申し訳ありませんが、左利きの人は科学的には奇妙すぎるのです。

5.精神疾患
左利きの人は、精神疾患の発生率が高いことが何度もわかっています。

精神病や統合失調症を患う患者の中で、左利きの人は不釣り合いに多いのです。

注意してほしいのは、差別しないでほしいということです。左利きの人がすべて狂っているということではなく、そのリスクが少し高いというだけです。

6.左利きは冬に生まれる?
なぜ左利きの人がいるのか、その理由の一つにホルモンの影響があると言われています。

冬に生まれた男性は左利きになる確率が高いことがわかっています。

原因は、季節がホルモンに影響を与えることにあると考えられます。

男性の方が女性よりも左利きになりやすいことはわかっていますので、ホルモン説には何か意味があるのかもしれません。

7.両手利きの利点
人によって、右利き、左利きの違いは大きいものです。

すべてのことを右手か左手で行う利き手の多い人もいれば、どちらでもよい人もいます。

それ以外の人はどちらでもよいのです。

両手利きの人は数学が得意な傾向があるそうです。

8.右利きの方が収入が多い
左利きの方が生まれつき才能があるという一般的な見解にもかかわらず、右利きの方が10~12%高い給料を得ていることが、データでわかっています。

右利きの方が給料が高いのは、平均して左利きよりも高い認知能力を持っているからだと考えられます。

詳しくはこちらをご覧ください。左利きと右利き。脳の働きが早いのはどっち?

兄弟・姉妹を受け入れよう
このように人類の不和について語ってきましたが、最後に普遍的な話をしましょう。

左利きと右利きは、彼らを定義するものにおいて、それほど違いがないことがわかりました。

一般的に人は、利き手でない方の手を、利き手と同じくらい正確に使えるようになります。

ちょっとした練習が必要です。

一般的に、利き手とそうでない手のスピードと正確さには10%程度の差しかありません。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました