Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す

不安の解消には言葉が必要?簡単に軽減する方法!

 

不安を減らすためのこのトリックは、人々は期待していませんが、実際に効果があります。

不安を言葉にして表現することで、恐怖反応を抑えることができるという結果があります。

実際、自分の不安を表現するために恐怖を感じさせる言葉を使えば使うほど、不安が軽減されるというのです。

しかし、人々は自分の感情をラベル付けすることで不安が減るとは思っていないこともわかりました。

しかし、皮膚コンダクタンスを記録することで、それが可能であることがわかりました。

不安をラベル化することと、気晴らしや再評価など、不安を軽減する他の一般的な方法を比較しました。

再評価とは、不安について別の方法で考えることです。

例えば、クモ恐怖症の人を対象に行われました。

再評価条件では、中立的な言葉を使ってクモについて考えてもらいました。

ここで一つ。

小さなクモを見ることは、危険ではありません。

一方、ラベリング条件の人には、こんな指示が出されました。

感情ラベリング群の参加者は、クモを表す否定的な言葉と、クモに対する感情的な反応を表す否定的な言葉(例:”嫌なタランチュラが飛びかかってくるのではないかと不安になる”)を含む文を作って話すように指示されました。

すべてのグループは、さまざまな時間をかけてクモにさらされ、1週間後に調査を行いました。

感情ラベリング群は、他の群に比べて皮膚コンダクタンス反応が低下し、気晴らし群に比べて接近行動がわずかに増加。

暴露中に不安や恐怖の言葉をより多く使用することは、恐怖反応のより大きな減少と関連していました。

皮膚コンダクタンスが低いことから、感情をラベリングした人はクモへの恐怖心が少なかったと考えられます。

現在では、あらゆる場面で感情を言語化することの利点を示す方法が数多くあります。

現在の感情的な経験が言語化されている場合、それが話し言葉であれ書き言葉であれ、言語化されていない、あるいは感情的でないものが言語化されている状態と比較して、苦痛が軽減されることがわかっています。

この記事もおすすめ
    タイトルとURLをコピーしました