なぜ自分の顔写真は期待通りにならないのか?

恋愛

自分の写真に満足していませんか?それには心理学的な理由があります。

見知らぬ人が「自分に似ている」写真を選ぶのは、自分自身が選ぶよりも優れているということが、分かりました。

この結論は、人々が写真付きの身分証明書をどれだけ正確にチェックできるかを調べた結果から得られたものです。

誰かの顔写真を1分以内に見た見知らぬ人の方が、似ているかどうかの判断の信頼性が高いというのは、直感に反しているように思えます。

しかし、日々、自分の顔を見ながら生活していますが、自分の外見に関する知識には代償が伴うようです。

既存の記憶表現が、現在の自分の外見をよく表している、あるいは忠実に描写している画像を選択する能力を妨げているのです。

Facebookから自分の写真を選び、似ているものから悪いものへとランク付けしました。

その後、見知らぬ人たちが、それぞれの写真とウェブカメラで撮影した短い動画を照合しました。

見知らぬ人が選んだ「似ている」写真は、人々が選んだ自分の写真とは異なっていました。

見知らぬ人が選んだ写真の方が、7%も正確な識別ができたのです。

見知らぬ人との対面では、自分が主張する人物であることを確認する必要があることがよくあります。

例えば、金融取引や国境を越える際に、自分の身元を証明することが求められます。

このような日常的な場面では、写真付きIDが本人確認の最も一般的な方法となっています。

しかし、この視覚的タスクの重要性は明らかであるにもかかわらず、これまでの研究では、私たちは見知らぬ顔の写真を照合するのがかなり苦手であることがわかっています。

写真付きIDと顔を照合しようとする人は、約30%の確率でエラーを起こすという研究結果があります。

また、パスポートや警察官などの専門家であっても、同様の結果となります。

心理学者たちは、写真に写っている人が笑っているかどうかで違いが出るかどうかもテストしました。

興味深いことに、写真に笑顔で写っている人の方が良い結果が得られることも分かりました。

興味深いことに、現在のパスポートのガイドラインでは、写真に笑顔を写すことは「正常な顔の特徴を歪める」という理由で禁止されています。

一般的に顔は笑顔で写されており、そのような画像はより親しみのある顔に似ていると評価されることを考えると、パスポート用写真で表情を許可することは有益かもしれません。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました