自分の顔写真の写りが悪くなる原因と改善する方法

更新日:
ガガログ編集部

自分の写真に満足していないと感じる人には、心理学的な理由が存在します。実際に、見知らぬ人が選んだ「自分に似ている」と思われる写真は、自分自身が選んだ写真よりも正確であることが分かりました。

顔写真の写りについて

この興味深い結果は、写真付きの身分証明書による本人確認がどれだけ難しいかを示す一例です。
日常的に自分の顔を見ることが多いため、既存の記憶表現が現在の自分の外見を正確に反映しているかどうかに偏りが生じる可能性があります。

実際、ある研究では、Facebookから自分の写真を選び、見知らぬ人による照合が行われました。その結果、見知らぬ人が選んだ「似ている」と思われる写真は、自分自身が選んだ写真とは異なっていました。見知らぬ人が選んだ写真の方が約7%も正確な識別ができたのです。

自分の写真に満足していない理由の一つとして、我々が自分の外見に対してオブジェクティブな視点を持ちにくいことが挙げられます。写真に映る自分の姿には個人的な感情が絡むため、客観的な判断が難しくなることがあります。

また、写真に笑顔で写っている人の方が、より良い結果が得られることも興味深い発見です。写真に笑顔があると、見知らぬ人からもより親しみを感じられるとされています。しかし、一部の身分証明書のガイドラインでは、写真に笑顔を写すことを禁止している場合もあります。その理由は、「正常な顔の特徴を歪める可能性がある」というものです。

しかしこの結果を考慮すると、パスポート用写真での笑顔を許可することは有益なアプローチかもしれません。笑顔を含む写真は、見知らぬ人に対してもより親しみやすい印象を与え、本人確認に役立つ可能性があるためです。

総じて、自分の写真に満足しない理由には心理学的な要素が絡んでおり、見知らぬ人が選ぶ写真は自分自身が選ぶよりもより正確な場合があることがわかりました。

写真の写りが期待通りにならない理由はいくつか考えられます。
写真写りが悪くなる原因と改善する方法について解説します。

写真写りが悪い原因

重めの前髪やメイク崩れ:前髪の重さやメイクの崩れが顔の印象を左右することがあります。
姿勢の悪さやアングルの悪さ:姿勢やアングルによって顔のシルエットや表情が変わるため、正しい姿勢や適切なアングルを意識する必要があります。
スピリチュアルな意味:スピリチュアルな考え方によれば、写真写りには気の流れや心の状態が関係しているとも言われています。

写真写りの改善方法

顔の角度を変える:適切な角度で撮影することで顔のシルエットが美しく見える場合があります。
自分の見え方を知る:鏡やカメラを使って自分の顔をよく観察し、自分が一番美しく見える角度や表情を把握することが大切です。
綺麗な姿勢を意識する:姿勢を正しく保つことで全体の印象が良くなります。
リラックスする:リラックスした状態で撮影することで自然な笑顔や表情が生まれることがあります。
化粧直しをする:撮影前にメイクのチェックと必要な箇所の化粧直しを行うと、崩れたり暗くなったりするのを防げます。
顔の角度や表情を意識して練習する:自分が美しく写るポーズや表情を練習することで、自然な笑顔や美しい表情が身につくことがあります。

これらの方法を試して、自分の写真写りを改善することができるかもしれません。写真は個人の印象を残す重要なものですので、ポジティブな気持ちや自信を持って撮影に臨むことが大切です。

恋愛
ガガログ