見知らぬ人に共感するのは難しいという意外な理由

恋愛

知らない人に共感することが難しい理由。

見知らぬ人がいることによるストレスは、人々の共感能力を低下させることが新しい研究で明らかになりました。

しかし、たった15分間、一緒にゲームをするだけで、この壁を乗り越え、見知らぬ人同士でも共感できるようになるという。

誤解や分裂、紛争を助長する『共感能力の欠如』を指摘しています。

共感のギャップの理由を明らかにし、どうすれば見知らぬ人同士の間に共感を生み出すことができるのかという重要な疑問に答えています。

共感を生み出すために、15分間一緒にゲームをプレイするというシンプルな方法を採用しました。

一人または見知らぬ人と一緒に、氷のように冷たい水に腕を沈めてもらいました。

見知らぬ人も腕を水に沈めるかどうかで、痛みの評価に違いはありませんでした。

しかし、友人と一緒に氷水に腕を入れると、痛みの評価はより悪くなりました。

友人がいるときに痛みが増すのは悪いことのように思えますが、実際には個人間で強い共感が得られていることの証であり、実際にお互いの痛みを感じているのです。

ストレスと共感の関係を示すために、別の実験では、ホルモンのストレス反応をブロックするメチラポンという薬を人々に与えました。

「闘争・逃走」反応をブロックしたところ、冷たい水に腕を入れた人は、友人だけでなく見知らぬ人にも共感を覚えたという。

マウスは、「ケージメイト」と一緒にいるときのほうが、知らないマウスと一緒にいるときよりも痛みを感じます。

しかし、人間と同じようにストレス反応を抑える薬を使うと、友人にも他人にも共感するようになるのです。

氷を割る
見知らぬ人と一緒にゲームを15分間プレイしてもらいました。

これは、ストレス反応を抑えるのに十分な時間であり、見知らぬ人と一緒に冷たい水に腕を突っ込んで共感を得ることができました。

ゲームを一緒にプレイするような表面的な共有体験でも、人をストレンジャーゾーンからフレンドゾーンに移動させ、意味のあるレベルの共感を生み出すことができることがわかりました。

社会的ストレスを軽減する基本的な戦略が、共感能力の欠損から余剰へと移行させる可能性があることを示しています。

というのも、共感能力の欠如が、さまざまな心理的障害や、個人レベル、社会レベルでの社会的葛藤の原因となっていることがわかっているからです。

また、共感がマウスと人間でまったく同じように機能しているように見えることも、非常に驚きです。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました