親が一番喜ぶ子供の数とは?出産前後に幸福度が一時的に上昇する!

恋愛

幸せになるためには、いつ、何人の子供を産むべきか。

1人目と2人目の子どもは、生まれる1年前までは親の幸福度を高めますが、3人目はそうではないことが分かりました。

幸福感の増加は生まれてから1年ほど続き、その後、幸福感が出産前の通常のレベルに戻る親もいます。

幸福度を最も高めるのは第1子であり、第2子の幸福度はその半分程度であることが分かりました。

第一子による幸福度の向上は、平均して、離婚や失業と同等の大きさでしたが、明らかに人々を悲しませるのではなく喜ばせるものでした。

男性も女性も、平均して同じような幸福度の上昇が見られましたが、女性は出産直前に幸福度が上昇し、出産後1年間は幸福度が急速に低下しました。

結果では、第1子、第2子の出産前後に、親の幸福度が一時的に上昇することがわかりました。

子供が生まれる前に親の幸福度が上昇するということは、夫婦がパートナーシップを結んだり、将来の計画を立てたりするなど、出産に関連するより広範な問題を捉えていることを分かっています。

第3子の誕生は、親の幸福度の上昇とは関連していませんが、これは第3子が上の兄弟よりも愛されていないことを示唆するものではありません。

むしろ、3人目の子供が生まれる頃には、親としての経験が斬新でエキサイティングなものではなくなっていることや、家族が増えることで親のリソースが余計に圧迫されることを反映しているのかもしれません。

また、予定外の妊娠の可能性は、すでに子供がいる女性ほど高くなり、それがストレスになっていることもあります。

高学歴の親や、35歳から49歳の間に第一子を出産した親は、出産前後の幸福度が最も高くなります。

これらの親は、親になったときに得た幸福感が長期的に持続していることがわかりました。

高齢で教育水準の高い親の間では、出産によって幸福度が上昇するが、若くて教育水準の低い親は幸福度の軌道が横ばい、あるいは下降するという事実は、出産を延期することがこれほどまでに一般的になった理由を説明しているのかもしれません。

子供を持った10代の若者には幸福度の上昇が見られず、むしろ時間の経過とともに幸福度が低下する傾向があることを発見しました。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました