感情の起伏を素早く変える方法!

恋愛

このシンプルなスイッチで、感情を双方向に切り替えることができます。

気分が良くても悪くても、周囲の照明が明るければ感情はより強く感じられます。

多くの意思決定は強い照明条件下で行われるため、照明を落とすことで、感情的な意思決定を減らすことができるかもしれません。

晴れた日には、人々は株式市場に対してより楽観的になり、より高い幸福感を報告し、より親切になるという証拠があります。一方で、暗く憂鬱な日が続くと、季節性情動障害になる可能性があります。

これらの結果とは逆に、晴れた日にはうつ病になりやすい人が実際にはより落ち込んでしまうことがわかりました。

もしかすると、明るい光が感情に及ぼす影響は、春先や夏場にうつ病が高くなることの説明になるかもしれません。

明るい部屋と薄暗い部屋の両方での結果、以下のことがわかりました。

明るい場所にいると、人はより暖かく感じる。
照明が明るいと、より辛い料理を注文します。光の中でドキドキしたいのです。
攻撃的な人は、審査員が明るい照明の下に座っていると、さらに攻撃的だと判断されます。
人は明るい部屋にいるときに他人をより魅力的に感じます。
人は明るい部屋では、ポジティブな言葉にもネガティブな言葉にも、より強く反応します。

明るい光は通常、熱と関連しており、熱は感情の強さと関連しています。

この熱の心理的経験は、熱い感情システムをオンにし、あらゆる刺激に対する人の感情的反応を強めます。

したがって、明るい光の中では、良いことはより良く感じられ、悪いことはより悪く感じられます。

ですから、感情を抑えるためには、照明を落としてみましょう。

そして、感情を高めるためには、スイッチを入れてみましょう。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました