人は自分にDNAが似ている結婚相手を選ぶ!

恋愛

DNAが似ていることは、腕が同じ角度で止まっていることからわかります。

このDNAの類似性は、収入、学歴、体型、年齢など、人がパートナーに求める属性に加えることができます。

地理的な場所にいる人の間の遺伝子の類似性を考慮した後でも、人はDNAが似ている相手を選ぶ可能性が高いことが示されています。

配偶者の遺伝子の類似性があります。

人は自分に似た人と結婚することはよく知られています。

しかし、人は遺伝に関してランダムに結婚するのかという疑問がありました。

ゲノムを分析し、同じサンプルからランダムに選ばれた2人よりもDNAが似ているかどうかを調べた結果があります。

その結果、170万個の一塩基多型を調べたところ、夫婦間の違いは、無作為に選んだ2人の個人よりも少ないことがわかりました。

パートナーを選ぶ際の最も強い要因の一つが教育水準であることがわかっています。

DNAが似ていることが交際相手の選択に与える影響は、学歴の3分の1程度であることがわかりました。

異性は惹かれない
一般的に言われていることとは逆に、平均的には、正反対のものは引き合わないということが、次々と調査で示されています。

羽根の生えた鳥は一緒に飛ぶというのは間違いなく、人はパートナーを選ぶときに共通点を探します。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました