幸せになるための目標の立て方とは?

恋愛

人は、自分を最も幸せにしてくれる目標の種類について間違っています。

幸せになるための特定の具体的な目標は、抽象的な目標よりも効果があるそうです。

幸せのパラドックスの1つである「なぜ幸せになろうとすると、ときに幸せでなくなるのか」に答えてくれるかもしれません。

幸せの目標は、具体的で達成可能なものであるべきなのに、あまりにも広範で包括的なものになっているのではないかと指摘しています。

どのくらい幸せになれるのか、何を達成できるのかという非現実的な期待は、長期的にはより多くの不幸をもたらすかもしれません。

幸せになりたいという気持ちははっきりしていても、それを実現するための道のりは不明確です。

このように幸福への道筋が曖昧な理由の一つは、人は何が幸福につながるかを知っていると思っていることが多いが、何が幸福になるかについての予測は不正確なことが多いからです。

それぞれ少しずつ異なるタイプの目標を設定しました。
あるグループは「誰かを幸せにする」という目標を立て、別のグループは「誰かを笑顔にする」という目標を立てました。
そして人々は、この目標を達成するために、次のようなあらゆる種類の親切な行為を行いました。

プレゼントを贈る。
ジョークを言う。
おもしろい動画を見せる。
食べ物をあげる。

抽象的な目標(誰かを幸せにすること)よりも、具体的な目標(誰かを笑顔にすること)のために行った行為のほうが、与える人自身が幸せを感じることを発見しました。

一見すると、これらの目標は関連性があるように見えますが、なぜ最終的な結果に違いが出るのでしょうか?

さらに、幸せの目標をより具体的に設定すると、期待通りの結果が得られる傾向があることがわかりました。

反対に、抽象的な目標は、人を非現実的にする傾向があります。

結局のところ、面白い話をしたり、プレゼントをあげたりして、長期的に誰かを幸せにすることができるでしょうか?

しかし、相手を笑顔にすることはできます。

幸せになるための目標を具体的に考えることで、期待値と実際に可能なこととのギャップを最小限に抑えられることが示唆されています。

具体的な向社会的目標は、与える側が目標に成功したかどうかをより正確に評価できることもあって、より多くの幸福を提供すると言われています。

人々は反対の効果を予測していた
最も魅力的なのは、これらの発見が人々の予想と正反対であったという事実でしょう。

最後の実験では、どのタイプの目標が最も幸せを感じさせるかについて、人々の直感的な推測をテストしました。

具体的な目標と抽象的な目標の間に個人の幸福度の差はないと誤って予測。

両方の条件(すなわち、両方の目標)を同時に考慮した場合、抽象的な社会的目標は具体的な社会的目標よりも大きな幸福をもたらすと信じていました。

何が自分を幸せにしてくれるのか、直観的にはほとんど理解できないのに、幸せを目指すことが問題になるのも不思議ではありません。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました