一晩の睡眠不足が恋愛や夫婦関係を悪化させるメカニズム

恋愛

夫婦の睡眠と口論を調査し、そのダメージの大きさを明らかにしました。

人は通常、寝不足の後に最悪の状態になりますが、それが親密な関係にどのような影響を与えるのでしょうか?

たった一度の悪い睡眠でも、人間関係に驚くほどのダメージを与えることがわかっています。

カップルや夫婦は毎日、睡眠の質やパートナーとの口論、喧嘩についてメモを取りました。

その結果、よく眠る人であっても、一晩寝不足になるだけで、翌日の人間関係の葛藤が大きくなることがわかりました。

片方のパートナーが睡眠不足の原因であることや、全体的な関係の満足度、うつ病、ストレス、不安などには影響されませんでした。

カップルや夫婦の片方のパートナーだけが睡眠不足になると、翌日の関係が悪化したのです。
睡眠不足による4つのプロセスが原因となっています。
共感性の低下
眠りが浅いカップルほど、パートナーへの共感度が低くなっていました。睡眠不足になると、パートナーの感情を判断することが難しくなるだけでなく、パートナーも感情を読み取ることができなくなります。
ネガティブになる
人間関係の中では、どこかの段階で必ず悪い感情が出てきます。

しかし、全体的に良い関係を保つためには、その感情は良い感情を大きく上回っている必要があります。

パートナーの睡眠時間が短いと、この比率は悪い方向に向かい、よりネガティブな感情を抱くようになります。

争いの解決の問題。疲れていると、カップルは意見の相違を解決するのが難しくなります。

利己主義。睡眠不足は、パートナーに利己的な感情を引き起こし、相手への感謝の気持ちが薄れてしまいます。

睡眠不足は、人間関係だけでなく、健康にも悪影響を及ぼすため、これらの問題にはできるだけ早く対処することが肝要です。

睡眠を改善することで関係が改善されることです。実際、両方に効果があります。

睡眠の改善が人間関係の改善を促し、人間関係の改善が睡眠の改善にフィードバックされるという結果が出ています。

つまり、よく眠れるようになることで、二人の関係は好循環に入り、メリットを享受し続けることができるのです。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました