恋人や結婚相手の性格は変えられるか?

恋愛

性格に関する最も古い疑問の一つに答えは出たのでしょうか?
長年、人格心理学者たちは、悲観論者たちと同じ答えを出してきました。人の性格は変わりません!

これは、30歳を過ぎた頃から顕著になってきました。それまでは、自分の会社が好きだったり、過度に神経質だったりする人は、そのままの傾向があると考えられていたのです。

しかし、この15年間で、この考え方は変わりました。30歳で性格が決まるのではなく、多少の変化があるという証拠が出てきたのです。
実際、人生のさまざまな時期に、性格に関するアンケートでまったく同じ答えをする人はいません。

しかし、この変化は意味があるのでしょうか?この違いは、実際の生活よりもテストに起因するものなのでしょうか?

これを解決するためには、典型的な時間経過による性格の変化が、本当に人々の生活に影響を与えているかどうかを見なければなりません。
例えば、高い神経症という性格特性は、精神的な健康問題と関連しています。
では、神経症の減少は、人が自分の人生にどれだけ満足しているかの有意な増加につながるのでしょうか?

外向性、同意性、経験に対する開放性、良心性、そしてもちろん神経症という、性格の5つの側面すべてについて、まさにこれを調べました。長年にわたるこれらの変化が幸福度の変化につながるかどうかということでした。

2年間で、生活にはどんな変化があったのでしょうか?
性格は変わったか?

まず第一に、性格が人生の満足度を最も強く予測することが確認されました。これはよく知られていることで、何でも持っているのに満足しない人がいる一方で、何も持っていないのに人生に満足しているように見える人がいる理由を説明するのに役立ちます。

満足できるかどうかは、何を持っているかだけではなく、それについてどのように考えているかにかかっています。そして、そのような考え方の癖は、性格に大きく影響されます。

次に、2年間で性格が変化したことが確認されました。実際、この2年間での性格の変化の度合いは、配偶者の有無など、他の人口統計学的変数の変化と同等でした。

しかし、最も重要なことは、このような性格の変化が、人生に対する満足度の大きな変化と関連していることを発見したことである。その効果の強さは、他のすべての状況を合わせた場合の約2倍でした。

つまり、典型的な性格の変化は、収入や配偶者の有無などの典型的な状況の変化をすべて足し合わせたものよりも、人生に対する満足度に大きな影響を与えるということです。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました